遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
MR295 大貫妙子 「カイエ」 05:40
カイエ
カイエ
大貫妙子

うぉ〜 久しぶりに続けて更新ですよ〜 しかも今日はレビューであります。
がんばらねば〜♪

で何をやろうかな〜ということで、聴くほどに映画のワンシーンような情景が目の
前に浮かぶ大貫妙子さんの「カイエ」であります。

私のように貧乏暇なし でもヨーロッパには行ってみたい人間にとってはこの
アルバムは格好のBGMになります。
このアルバムを聴きながらBSのヨーロッパ紀行なんぞ見れば、それはきっと
ヨーロッパそのものの情景に違いない・・・・・あ〜 貧乏暇なし (; ;)

1. カイエ(1)
2. Amour levant~若き日の望楼
3. 輪舞
4. Le courant de mecontentme[']nt(不満の暗流)
5. カイエ(2)
6. 宇宙(コスモス)みつけた
7. ラ・ストラーダ
8. 雨の夜明け
9. 夏に恋する女たち
続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(8) | - | posted by enski
MR246 山下達郎 「ライド・オン・タイム」 12:44
ランド・オン・タイム
山下達郎
Ride On Time

山下達郎の存在を知ったのは、たしか「スペイシー」をリリースした頃、FM番組に
ゲスト出演したときだと思います。
当時はハードロックにどっぷりと浸かっていたときで、彼のような音楽の良さは、
まったくと言っていいほど分からなかった。
2〜3年が経ち TVにて何処かで聴いた声。
そう それが某カセットテープのコマーシャルに出ていた山下達郎本人。
「ライド・オン・タイム」を歌うあのコマーシャルです。
彼の音楽が本格的に良いな〜と思い始めたのがこの頃でしょうね。

そんなわけで 名作「ライド・オン・タイム」であります。
1. いつか
2. Daydream
3. Silent Screamer
4. Ride On Time
5. 夏への扉
6. My Sugar Babe
7. Rainy Day
8. 雲のゆくえに
9. おやすみ
続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(2) | trackbacks(2) | posted by enski
MR239 嘉門達夫 「リゾート計画」 06:31
リゾート計画
嘉門達夫
リゾート計画
東海地区もついに梅雨が明けました。 ・・・・・・・でもなぜか曇っていますね。


さて夏休みになりますと 家族で 友達と 恋人でと 旅行の計画を立てている
方も多いかと思います。
そんな旅行のお供にとお勧めなのが 嘉門達夫「リゾート計画」であります 笑
旅行での車中にて 皆さんで楽しんでくださいまし。

続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
MR237 山下達郎 「イッツ・ア・ポップ・イン・タイム」 20:52
イッツ・ア・ポッピン・タイム
山下達郎
It's A Poppin' Time

山下達郎の音楽は82年の「フォー・ユー」 次作の「メロディズ」とでは作風が大
きく変わっていきます。 私も彼のレビューを何枚か書きましたが、どちらかというと
「フォー・ユー」以前のほうが好みかもしれません。
「フォー・ユー」までは作詞を吉田美奈子が中心に手がけ、「メロディズ」以降は
達郎氏自身が詩を書くことが多くなりました。
同時に曲調もより幅広い層に受けるものに変化しました。
それが端的に分かるのが、後期のライブ「ジョイ」と今回取りあげる78年収録の
イッツ・ア・ポップ・イン・タイム」を聞き比べることだと思います。

実はこのブログを始めた当初 このアルバムについて手抜きのような記事を
書きましたが、久しぶりにこのアルバムを聴き また書きたい気持ちになりました。

ディスク 1
1. SPACE CRUSH
2. 雨の女王
3. ピンク・シャドウ
4. 時よ
5. シルエット
6. WINDY LADY
7. 素敵な午後は
8. PAPER DOLL
9. CANDY

ディスク 2
1. エスケイプ
2. HEY THERE LONELY GIRL
3. SOLID SLIDER
4. CIRCUS TOWN
5. MARIE
6. LOVE SPACE(未発表)
7. YOU BETTER RUN(未発表)

続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(4) | trackbacks(0) | posted by enski
MR235 和田加奈子 「クワイエット・ストーム」 12:56


和田加奈子
QUIET STORM
古今東西 セクシーさを売りにしたミュージシャンというのはイメージ作りが難しい。
それを全面に押し出すと、”教育上よろしくない”などといろいろ言われたりしますからね〜
あちらで有名なのはマドンナやジャネット・ジャクソン マライヤ・キャリーなど
見るからにエロス全開の人たちが多い。

で 日本に目を向けますと・・・・・いました   和田加奈子
2000年 あのマイク真木さんと結婚されましたが、そんな彼女が86年頃に出した
クワイエット・ストーム」はまさにエロス全開といった内容です。
私は「クワエッチ・ストーム」と呼んでいますが。(なんのこっちゃ)

・砂に書かれたドキュメント
・風のOXYGEN
・ピンクのトゥ・シューズ
・梨の形をしたBLUE
・琥珀の涙
・シナモンとブラウンシュガー
・BeMy J−Boy
・めまい
・真昼のポリーヌ
・ゴシップグラマー
      〜空っぽのガレージ〜
続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(4) | trackbacks(0) | posted by enski
MR223 鈴木結女 「スタイル」 20:59

STYLE
鈴木結女
STYLE

皆さんは鈴木結女(スズキ・ユメ)を覚えているだろうか。
90年代前半  ブラックミュージックをベースに洋楽指向の音楽をやっていた
女性シンガーである。
この「スタイル」は93年作の3作目。 

1.ゼア・U・ハヴ・イット!
2.グラヴィティ
3.5分後の恋人
4.二人の風(アルバム・ヴァージョン)
5.土曜日の落書き~バディーズ・グディーズ
6.スタイル
7.ネヴァー
8.祈り
9.ヌード~ネイキッド・クライ
10.ディス・イズ・ザ・ウェイ
11.強さの意味

続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
MR222 大貫妙子 「スライス・オヴ・ライフ」 18:48

A Slice of Life
大貫妙子
A Slice of Life

先日 御殿場と西伊豆方面に研修に行きまして 
車中で聴いたのが大貫妙子の「ア・スライス・オヴ・ライフ」でありました。

彼女の曲はいつ何処で聴いても良い。 この人の曲には情景がある。
特にこの作品は坂本龍一プロデュースの元を離れ、シンプルな音作りを目指した
感があります。 名作ヨーロッパ3部作に比べれば少々地味ですが、何を隠そう
私が一番聴くのがこのアルバムです。
1. あなたに似た人
2. もういちどトゥイスト
3. 人魚と水夫
4. スナップ・ショット
5. 恋人達の時刻
6. 五番目の季節
7. HYMNS
8. 木立の中の日々
9. ぼくの叔父さん
10. 彼と彼女のソネット

続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
MR 213 嘉門達夫 「小市民宣言 ライヴ!」 10:17

小市民宣言
嘉門達夫
小市民宣言 Live

たまには演芸ものを取り上げてみます。

私は田舎生活が長いせいか、コンサート体験が極端に少ない。
そんな数えるほどしかないコンサートの中で、なぜか嘉門達夫のコンサートは、
2回も行っているんですよ。 印象に残っているのが「鼻から牛乳」をヒットさせた
後のツアーで、静岡市でのコンサート。

静岡市民小ホールでのコンサートで なんと当日同時刻 隣の大ホールでは
福山雅治のコンサートをやっていました。 もちろんこの件は当日のコンサートの
ネタとして取りあげていました。

彼もデビューして20年経ちますが、その中でライヴアルバムというのは88年に
出した「小市民宣言」だけだと思います。
続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
MR 203 高橋幸宏 「ワンス・ア・フール」 12:05
ONCE A FOOL...
高橋幸宏
ONCE A FOOL...

更新できるときは積極的に・・・
で今回はJーポップス 高橋幸宏です。

高橋幸宏という人はどんなイメージなんでしょうか。
多くの方はYMOの印象が強いのではないか。 個人的にはそう思います。

彼が85年に出した「ワンス・ア・フール」は、YMOのイメージしか知らない私には
結構ショックなソロアルバムでしたね。

1.遥かなる想い
2.冬のシルエット
3.Providence(素晴らしき幻想)
4.仕事を終えたぼくたちは
5.ONE MORE CHANCE
6.SAILOR
7.I SAW THE LIGHT
8.昆虫記
9.泣きたい気持ち
10.今日の空
11.STAY CLOSE
12.BETSU-NI
13.STAY CLOSE(Weirder world)


続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
MR 192 村田和人 「マイ・クルー」 11:47

村田和人
MY CREW

斉藤誠を取り上げたならこの人に触れないわけにはいかないでしょう。

そう 村田和人です。

この人は山下達郎のプロデュースのもと 「ひとかけらの夏」でデビューしました。
(失礼 ひとかけらの夏はセカンドらしいです)
言わば達郎一派なのかもしれないですね。(仮にあったとしたら)
対して斉藤誠は桑田佳祐派というべきなのかな・・・・
どちらも西海岸をイメージした爽やかな音を追求していますが、まこっちゃんの
ほうが趣味的なこだわりが強いかな〜

で今回は色々な意味でお世話になった村田和人のサード(だったと思う)
マイ・クルー」を取り上げます。

1.ウィ・ラヴ・ユー
2.ギミー・レイン
3.アイランド
4.ウィークエンド・ラヴ
5.あの波をつかまえて
6.ラスト・トレイン
7.セクシー・パシフィック
8.トゥナイト
9.アイム・リーヴィング・ユー
10.サマー・ヴァケーション

続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
<< | 2/6 | >>