遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
日本人ミュージシャンの海外進出 08:58
 え〜 日本のミュージシャンが海外進出をするとき いったい彼らは誰に向けて自分の
音楽をやるのかと疑問になったことがあります。

過去 海外デビュー 海外公演と銘打って、あちらでコンサートをやったら 何のことはない
向こうに住んでいる日系人 もしくは日本で海外ツアーを組んだファンに対してのコンサート
だったのが分かってしまい それ違うんじゃないの と批判を受けた人たちもいます。

でロックミュージシャンが海外進出するとき英語で歌うのか それとも日本語で歌うのかが
最大の焦点になる。 あちらでレコード契約をしてCDを売るんなら当然英語の歌に決まってる
だろうと思われるかもしれないが、その市場であるあちらの人は日本人が英語の歌をうたう
ことに違和感を感じないのかなと正直思います。
微妙なイントネーションやスラングとかの使い方で その歌詞や歌があちらの人にはどのように
伝わるのかがまったく未知数で少々心配になります。
逆のパターンが80年代初頭にあった。
ポリスのシングル「ドゥドゥドゥ デ ダァダァダァ」の日本語バージョンが なんとスティング様の
ご厚意により発売されたのです。 私は爆笑しましたね。
スティングのつたない日本語により、痛々しいことこの上なかった。 
スティングよ なにもそこまで気を遣わなくて良いのにと 笑
どうせやるなら日本を題材にした英語の曲で十分じゃないかなと思いました。

これと同じで、日本のミュージシャンが英語の歌で海外進出することに違和感を持っています。
英語の歌で勝負すること自体 海外ロックのフェイクをやっていることを証明してしまったと同じ。
それ自体が敗北を表していると思う。

音楽を楽しいと感じる感覚は直感的なものだと思う。 我々日本人が洋楽を聴いたとき
メロディーが素敵だ 演奏がすばらしい 曲の爽快感など あくまでも直感的なものが主で
詩の内容なんてあとから分かったというのがほとんどでしょう。

だから外国人が日本のロックやポップスを聴くときも同じ。 
詩の内容が分かるかどうかより、まず歌や演奏 メロディ その独創性が重視されるべきで
つたない英語の歌詞で勝負することは やはりおかしいと感じます。
ただその場合 日本人でなければ絶対に出来ない強烈な個性でないと無理でしょうね。
どこかにいないかな そんなミュージシャン 笑

| ぼやき | comments(0) | - | posted by enski
スポンサーサイト 08:58
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>