遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
MR298 佐藤隆  「憧れは夢の中に」 10:43


佐藤隆/憧れは夢の中に

JUGEMテーマ:音楽


本年もあともう少しですね。 12月に入りますとクリスマス いやジョンレノンの
命日
が近づいてきます。

ということで今日はこの人 佐藤隆
この人は「桃色吐息」や「マイクラシック」でヒットを飛ばし、今は音楽監督などを
やっている人ですが、「マイクラシック」の前の作品です。おそらく81年頃かな。

Oh My Love
苦い朝
愛しのDreamingirl
コスモポリタン
Mr,Bluse
素足のゼルダ
Be My Woman
サンデーアフターヌーン
Be Trad
憧れは夢の中に
なぜ取り上げたかといいますと、佐藤さんは団塊の世代でもあり、その世代には
ビートルズの影響を受けた方が多数いると思いますが、この人がまさに典型では
ないかと感じたからです。 
ビートルズをはじめ60年代のポップで育った方の思いは、我々下の年代には
正直どれくらいのものだったのかはわかりません。

実際聴いてみますと、ビートルズというよりジョンレノンそのもの いやジョンの
持っているナイーヴな感性を実に素直に引き継いでいることがわかります。

ここでジョンレノン関連過去記事
ジョンレノンミュージアムに行ってきた 
MR290 ジョンレノン 「心の壁 愛の橋」
MR 140  ジョンレノン  「ジョンの魂」
MR 159 ジュリアンレノン 「ヴァロッテ」

印象的なのは「コスモポリタン
はっきり言いますとジョンの「ウーマン」にそっくりです。
ただこれについては、パクリとして批判するのではなく好意的に考えています。
ジョンが亡くなったのはたしか80年でしたっけ?
その翌年に出されたこのアルバム佐藤さんの思いが伝わってくるようです。

特にそれを象徴するのが「Mr,Bluse」の一節
男の値打ちはどう生きるかじゃなくて
どう死ぬかなんだぜと
教えてくれた

二倍の速度で行き急いだ男は
人のいけない場所に
のぼりつめた

Oh, Mr Blues Oh,Mr Blues
哀しいニュースさ
Oh, Mr Blues Oh,Mr Blues
デマだと笑った

誰でも一度は命を失うなら
短くても煌めく
人生がいい

自分を守って生きながらえることに
慣れすぎた俺たちを
叱るようさ

Oh, Mr Blues Oh,Mr Blues
あいつが死んだよ
Oh, Mr Blues Oh,Mr Blues
俺たちの中で


(このように無断で引用することは著作権に反することだとは思いますが、
やらないと気持ちが伝わらないのであえて書かせていただきます。)

補足する必要もないとは思いますが
翌年に発売されたアルバム この曲は明らかにジョンへのレクイエムでしょう。
天国にいるジョンには佐藤さんの想いは伝わったのでしょうか・・・・・

そのほかの曲も60年代ポップスが好きな方ならどなたでも楽しんで頂けるはず。
前記の2曲だけでもほんと聴く価値があるアルバムだと思います。
私は車で長旅をするときかならずこのアルバムを聴きたくなります。 だからダビング
したものをいつも持ち合わせていますがね 笑

最後に佐藤さんに一言
”こんないい曲が作れるんだからぜひ現役復帰してくださいよ”

以上 長年楽しませてくれた佐藤さんに感謝 そして天国のジョンにもありがとう 
王冠マーク10こ王冠王冠王冠王冠王冠王冠2王冠2王冠2王冠2王冠2


| Jpーポップス MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
スポンサーサイト 10:43
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://enski.jugem.jp/trackback/771
<< NEW | TOP | OLD>>