遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
筋少復活万歳!! これぞ現代人の処方箋!? 12:25
オールタイム・ベストアルバム 筋肉少女帯 復活究極ベスト“大公式”
オールタイム・ベストアルバム 筋肉少女帯 復活究極ベスト“大公式”

いや〜2ヶ月もサボってしまいました〜 というのも久しぶりに筋肉少女帯
聞きまして、その凄まじさを再確認し、他のミュージシャンの記事を書くのが
バカバカしくなってしまいました。 
その彼らが昨年末に復活し、仲直りコンサートをしたとか 知らなかった(; ;)(; ;)
しかも大型プラズマTVを買ったにもかかわらず、2月末にBSで放映された
そのコンサートも見逃しました。 だめですね〜〜

筋肉少女帯 その凄まじさに比べ、いかに今の音楽がつまらないかを痛感し、
一気に書く気持ちが無くなってしまった。 
ファンの方なら何となく分かってもらえるとは思います。
以前 今のJーポップ(ラップやロックも含む)の詩の世界がいかに気持ち悪い
かをかきましたが、それに比べ、いかに筋少ワールドが凄いかは大槻ケンチ゛の
書く詩を堪能してもらえればわかります。
シュール&不条理でありながら暗くならない、そして聴く者の想像力をかき立
ててくれる。 いやむしろ痛快ですらある

世の中に良質の音楽は数多くありますが、聴き手の心に突き刺さってくる詩
書ける人はそうはいまい。

とりあえず一曲 なにか挙げてみます。
「戦え!何を!? 人生を!!」なんて最高だわ。
タイトル通りの曲ですが、超ヘヴィファンクをベースにした痛快なナンバー
横ノリでヘッドバッキングができる 爆笑
曲の劇的なエンディングには勇気100倍! 熱いモノが沸々と湧いてきます。

まあ筋少といいますと、”ドロロのノウズイ〜♪”や元祖 高木ブー伝説でキワ
モノ
のイメージが付きまといますが、そういう連中は詩の内容をしっかり堪能し
ていないからであ〜る。
彼らが良く多用する曲中のストリングスアレンジ 劇的な曲展開をよ〜く堪能
して頂きたい。必ずや分かってもらえると思います。 やはり筋少は凄い!!!
よく彼らのジャンルは”オルタナテヴ・メタル”と言われていますが、型にとらわ
れないメタルという表現は当たっているでしょう。 クラシックの影響 コミカルで
ポップな要素 オーケンの語りを取り入れた狂言的手法など 
どれをとっても表現力豊かであります。
今の大衆音楽の予定調和な世界にウンザリしているあなた  
                           もう筋少を聴くしかありません。
そうすれば世界は開かれるでありませう。(なんか宗教の勧誘みたいだな)

と言うことで久しぶりの今日は筋肉少女帯のPRでありました。
ちなみに今の新しい洋楽は問題外です。だって英語だから何いってるのか
分からないし・・・・    昔のならOKなんだけどね〜笑



| トンデモ系 MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
スポンサーサイト 12:25
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://enski.jugem.jp/trackback/754
<< NEW | TOP | OLD>>