遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
昔のPV見てました 18:21
最近ブログの更新もさぼり気味でして、その間何をしていたかといいますと、昔のロックビ
デオ
ばかりを見てました。  というのもマック(PCの)を買う予定が家族に大反対され、
かわりにOKが出たのが大画面TVの購入です。
以前も記事にしましたが、37型プラズマTVが20万円を切る時代ですよ。 もう買うっきゃない
と言うことで マックへの熱意はあっという間に冷めてしまい、我が家でも大画面TVを導入
することに決定!!
大画面TVを買うとなると昔録っておいたビデオはほとんど見なくなりますので、ここらで
ざっと目を通しておくかと見始めました。




そしたら はまってしまったww

年代は70年代後半から80年代後半までのものが多い。
当時はハードロックやプログレも衰退し、ニューウェイヴやニューロマンティック テクノなどが
全盛を誇っていました。 私もそれに乗っかりイギリス勢を中心に聴いていたようですね〜
懐かしいな〜

でもね なぜか落胆しました。 こんなにつまらん音楽を聴いていたのかと・・・・w
いま当時流行っていたこの手の音楽を聴くと、何ともダサイ感じがする。
そう感じたのもプロモーションビデオ(以後PV)のせいではないかと思うのだ。
どのミュージシャンも同じようなファッションをし、口パクのPVでお茶を濁す。 ほとんどのPVが
曲の内容を再度説明するような作りになっていて 結局退屈になってくるんですよね〜

ただし 例外がいました。
そうトーキング・ヘッズですよ。
この人たちのPVは他とはひと味もふた味も違う。 なんか見る側の想像力を掻き立たすような
面白さ
があり、見ていてとても楽しかった。 
もちあのデビッド・バーンの痙攣ダンスも見られましたよ。

そんな中 別格はこの方。 
我らがプリンス殿下の「サイン・オヴ・ザ・タイムス」  いや〜これがかっこいいんだ〜
本人は一切出演せず、歌詞のスペルだけが記号のようにグラフィカルに画面を流れる斬新なもの。
元々この曲自体がクールな印象なのでこのような作りになったんだろうけど それにしてもかっこいい。
他のミュージシャンのPVが何とも古めかしく感じる中 ヘッズとプリンスのPVだけは異彩を
放っていました。

他にもカーズのライブ ドゥービー・ブラザーズの再結成ライブなど たぶん昔WOWOWでやった
ものだと思いますが、どれも貴重なものばかり。 昔の遺産は大切にしないといけません。
今度TV買うときに 3inOne HDDレコーダーも一緒に買おうかと思ってます。 
最終的にはビデオをDVDに焼こうかと・・・PC使うとめんどくさいしね。
| 日常 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
スポンサーサイト 18:21
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Macが大画面テレビになるんですか!
いいなぁ、文化的な生活に突入ですか。
プラズマ見ちゃうと、欲しくなりますね。
posted by カルロス | 2006/10/19 3:13 PM |
そうなんですよ マックが大画面TVに
喜んでいいのか落胆するべきなのか・・・・
まあハイビジョン番組にも良いものがありますから そちらを期待したいと思います。
posted by えんすき | 2006/10/20 6:39 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://enski.jugem.jp/trackback/716
<< NEW | TOP | OLD>>