遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
MR233 人間椅子 「羅生門」 06:32
羅生門
人間椅子
羅生門
うっひっひっひっひっ・・・・   人間椅子第4弾じゃ〜

実は最近流行の動画投稿サイトyuotubeにも、彼らのライブ映像が多数
アップされていました。
イカ天の時にやった「陰獣」や、筋少とのジョイントライヴ(?)など珍しいものも
あり、面白かった。
派手な演出は一切無く、演奏のみに的を絞っている感じ。
たった3人であそこまでやるとは・・・ 凄い実力です。

そんなわけで今回は4枚目の「羅生門」   これが良い!!
私は初期モノではファースト「人間失格」に次ぐ出来だと思います。

1. もっと光を!
2. 人間椅子倶楽部
3. なまけ者の人生(アルバム・ヴァージョン)
4. 埋葬(しで)蟲の唄
5. 青森ロック大臣
6. ナニャドヤラ
7. ブラウンカンの花嫁
8. 憧れのアリラン
9. 羅生門

前作「黄金の夜明け」でオリジナルメンバー 上舘徳芳・Drが脱退し、この
「羅生門」では後藤マスヒロがサポートで参加。
でもやっぱり人間椅子は人間椅子なんだな〜
曲自体のクオリティーが高いものが多いような気がする。
前作が悪いというわけではないが、一曲々が印象に残るものが多く、また
バンドをやってるヤツなら、一度はコピーしたくなるようなフレーズが満載といっていい。

まずアマゾンのコメントで、筋肉少女帯っぽいと指摘されていた「もっと光を! 」
この曲は確かにボーカルスタイルが大槻ケンちゃんに似ている 笑 
こうやって聴くと筋肉少女帯との音楽的共通性がよく分かりますね。 
そのせいで交流があったのか youtubeで投稿されていた筋少とのジョイントライヴは
内田雄一朗と大槻ケンジを迎え 「人間椅子倶楽部 」をやっていました。

シングルカットにはうってつけの「なまけ者の人生」
津軽弁が楽しい「青森ロック大臣 」
私が最も優れていると思うのは「憧れのアリラン」 祖国を想いをはせ、異国の地で
生涯を終える無念さを表した曲で、詩の内容も印象に残るすばらしい曲である。
そしてタイトル曲「羅生門 」 黒沢映画の羅生門を見た方なら あの映画の後半で
感じた不思議で独特な世界を この曲でも堪能できると思います。

このバンドのすばらしさはその演奏力もさることながら、詩の世界が実に良い。
歌詞カードを見ながらじっくり聴けるHMバンドというのは、希有な存在だと思いま
すし、日本人にしか表現できないような情念の世界をうまく表している。
けしておどろおどろしいだけではないんですよ。 その辺おどろおどろしいのは
ちょっとという方も、騙された思って聴いてみてはどうでしょう。
私はもう HMは人間椅子しか聴けない体になってしまいました・・・・ああっ
近い将来 人間椅子はブレイクするのではないかと密かに思っています。
そのときはこの記事を思い出してください。

今回でひとまず 人間椅子は終了
次作は初のベスト盤で、次のアルバムがインディーズからの発表ということからも
この「羅生門」が一つの区切りとなっているようです。

今回は人間椅子 万歳!!ということでCDマークと王冠マークを5つ!!

CDCDCDCDCD王冠王冠王冠王冠王冠 以上!

| HR & HM MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
スポンサーサイト 06:32
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://enski.jugem.jp/trackback/679
<< NEW | TOP | OLD>>