遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
借りたものは返しましょう 18:16
たまにはまじめに時事関連記事を書いてみましょう。

先日の消費者金融アイフル違法行為についての感想であります。

実は私も自営業になる前消費者金融に勤めていたこともあり、高利貸しだった(?)過去を
振り返りながら一言言わせて頂きます。
むろん私の勤務した金融業者は利息制限法に則った正規の会社であります。

まず借りたものは返さなくてはいけないのではないかということ。

どうもTVの報道を見ていると、債権者側の横暴な取り立てばかりに報道の主眼が置かれて
いるようですが、私の経験上 消費者金融に借りに来る層というのは、この人 本当に
返済計画を立てて借りにきているのか?と疑問に思う人があまりにも多いと思うのですが。
まあ今は自動貸し付けというシステムが主流になっているので、私の経験した貸し付け
方法が当てはまるとは限りませんが、この傾向は今も変わらないと思います。

つまり返済計画をたてない債務者・・・いや もっとはっきり言わせて頂くと計画を立てないで
借り、その結果破産になった債務者が、実は非常に浪費癖があり、自堕落な生活を送って
いることが多いのです。
 これは私自身が、返済不能になり破産寸前になった債務者の
身辺調査をした経験から言っています。 債権回収を事実上断念する(貸し倒れという)には
債務者の生活状況をあらゆる面から考慮して、回収不能であることを証明しなければなりません。

それだけではありません。 最初から返す気など無いのに借りにくる客までいる始末です。
いくら消費者金融間での債務者情報があっても これを最初の段階で見分けるのは至難の
技であります。 その点から見ればある程度 このような債務者に対し、債権者側が強い口調で
取り立てるのも当然ともいえます。 まあ行き過ぎた親族への取り立てや暴力じみた取り立ては
御法度でありますが。

ギャンブルや身分不相応な高額商品で返済不能になった債務者などは、まさに浪費癖の
典型でしょう。 それで返せなくなった人間はある意味社会人失格の烙印を押されても
しょうがないと思います。 まっとうな社会人なら自分自身の生活を考慮しながら返済計画を立てる
のは当たり前です。 確かに中には止むに止まれぬ事情で借りた債務者もいるかとは思いますが、
そのような人を救済するべく立法化も進んでいると思う。 今後はその辺にも注目したいですね。
ただ事の基本は”借りたものは返さなければならない”ということです。
それが免除される そのときは社会人として、ある程度のペナルティを課せられる事は肝に
銘じておくべきです。

このことは金融業者のやる違法行為と同様に問題視されるべきだと思います。


(この記事は4月25日に避難場所に更新しました。)


| 時事 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
スポンサーサイト 18:16
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








えんすきさん、こんにちは

>実は私も自営業になる前消費者金融に勤めていたこともあり、高利貸しだった(?)過去を振り返りながら一言言わせて頂きます。

いやあ、深いなあ。いつか遠州方面(実はちょくちょく行っている)に出かけた時にはお話したいくらいですよね・・・借りたものを返す・・・当たり前ですよね。

>確かに中には止むに止まれぬ事情で借りた債務者もいるかとは思いますが、そのような人を救済するべく立法化も進んでいると思う。

うーん、いつも慎ましやかに生活していたなら救済しても全く???を感じないのですが。
posted by ぷくちゃん | 2006/04/26 10:54 PM |
ぷくちゃん こんばんは

この出来事で昔のことを思い出しました。
このような仕事を2〜3年もやれば 人の裏側 良い部分も醜い部分もよ〜く分かります。
おかげで人間不信になりそうでした 笑
簡単にどっちが悪い どっちが被害者だってのは言えないんですよね。 難しいものです。
posted by えんすき | 2006/04/26 11:59 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://enski.jugem.jp/trackback/631
<< NEW | TOP | OLD>>