遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
MR 181 シンリジィ 「グレイテスト・ヒッツ+グレイテスト・ヒッツ・ライヴDVD<スーパー・ショック・プライス>」 19:37
グレイテスト・ヒッツ+グレイテスト・ヒッツ・ライヴDVD<スーパー・ショック・プライス>
Thin Lizzy
グレイテスト・ヒッツ+グレイテスト・ヒッツ・ライヴDVD<スーパー・ショック・プライス>

え〜 掟破りの音楽商法というのはこのようなことをいうのでしょうか。

昨年の10月に発売されたシンリジィの秘蔵フィルムDVDとベストCD2アルバムが、
セットになり2980円。 昨年発売されたそのDVDは3990円
いったいこれはどういうこっちゃ?
つられて迷わず買ってしまいました。 意志の弱い男ですね私は・・・・
ベストCD
ディスク: 1
1.ヤツラは町へ
2.脱獄
3.甘い言葉に気をつけろ
4.ダンシング・イン・ザ・ムーンライト
5.ロザリー
6.アリバイ
7.ヤツらはデンジャラス!!
8.サラ
9.チャイナ・タウン
10.ヤツらはレディ・キラー
11.トラブル・ボーイズ
12.ハリウッド
13.コールド・スウェット
14.サンダー・アンド・ライトニング
15.夕暮れにて
16.デディケーション
17.それでも君を
18.シー・ノウズ
19.イエロー・パール (フィル・ライノット)

ディスク: 2
1.ウィスキー・イン・ザ・ジャー
2.アウト・イン・ザ・フィールズ (ゲイリー・ムーア&フィル・ライノット)
3.パリの散歩道 (ゲイリー・ムーア&フィル・ライノット)
4.エメラルド
5.悪名
6.帰らぬおまえはワイルド・ワン
7.ファイティング
8.ショウ・ダウン〜キング・クールの手の内
9.ブラック・ローズ
10.ディア・ミス・ロンリー・ハート
11.ザ・ロッカー
12.アー・ユー・レディ
13.反逆者
14.キングズ・コール
15.エンジェル・オブ・デス
16.カウボーイ・ソング (ライヴ)
17.ヤツラは町へ (ライヴ)

DVD
1. The Boys Are Back In Town
2. Don’t Believe A Word
3. Dancing In The Moonlight
4. Rosalie (Live)
5. Waiting For An Alibi
6. Do Anything You Want To
7. Sarah
8. Chinatown
9. Killer On The Loose
10. Thunder And Lightning (Live)
11. Bad Reputation
12. King's Call
13. The Rocker
14. With Love
15. Dear Miss Lonely Hearts
16. That Woman
17. Johnny The Fox
18. Wild One
19. Whiskey In The Jar

最大の関心は秘蔵映像DVDなのでベストCDの内容は割愛。

さてそのDVDですがプロモ映像を中心にライブものが数曲入っているのが
特徴でしょうか。  まあ資料的なものですからそれ以上を期待すると裏切られ
ますが、ファンなら十分見応えがあります。
G・ムーアやジョンサイクスなど歴代在籍メンバーが総登場。 特にうれしいのが 
エリックベル在籍時の「The Rocker 」や「Whiskey In The Jar 」が聴けること。
「 The Rocker 」では、ベルの弾く荒削りなストラトサウンドが実にかっこ良く、
「Whiskey In The Jar 」は73年のトップ・オヴ・ザ・ポップスのTVフィルム。
モノクロ映像で、なぜかおねぇちゃんたちが周りを踊っている(いや踊らされてる)
彼らもこんな時代があったんだな〜と感慨深くなりました。
フィル・リノットのソロもありますが、何とマークノップラーが友情参加しています。

全体の印象でありますが、 フィル・リノットという人は 酒と女とドラッグの日々で
あったというのがよく分かります。 これじゃG・ムーアが愛想を尽かすのも無理
ありません。 オーバードラッグで亡くなったミュージシャンは数多く、フィルもその
中の一人であるわけです。 当時はそんな時代だったのでしょうか。
今現在平和な日本でさえ、大麻を個人使用に限り合法化するべきと主張する
妙な団体がいるほどですから油断はなりませんね。

このセットは内容はともかく破格の値段設定というだけでも買う価値はありかも
しれません。 CDマークは3つ半くらいでいいかな。CDCDCD


| HR & HM MR | comments(2) | trackbacks(1) | posted by enski
スポンサーサイト 19:37
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








フィル・リノット、ロック界で一番いやらしい顔をしていると思っています。

音楽は素晴らしいのですが・・・昔私のブログでやった企画の記事トラックバックさせていただきます。
posted by ぷくちゃん | 2006/02/06 7:58 PM |
ぷくちゃん こんばんは

最近思うのですが、リノットって芸人のなすびに似てません?
にやけたところなんぞそっくり 笑
posted by えんすき | 2006/02/06 9:18 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://enski.jugem.jp/trackback/554
 「源氏物語」は「平家物語」同様、源氏の栄光と衰退を描いた物語と勘違いしていた
| eclipse的な独り言 | 2006/02/06 8:00 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>