遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
MR 155 クール&ザ・ギャング 「ライヴ・フロム・ハウス・オブ・ブルース(DVD)」 22:39
ライヴ フロム ハウス オブ ブルース
Kool&The Gang
Live from House of Blues

復活!! レビューは7日ぶりですね すっかりご無沙汰してしまいました。(*^^*)

さて 今日は今年買ったDVDでお気に入りライヴを紹介。
クール&ザ・ギャングの「ライヴ・フロム・ハウス・オブ・ブルース
2001年 シカゴのライヴであります。
1.Emergency
2.Hollywood Swinging
3.Jungle Boogie
4.Kool & The Gang
5.Breeze and Soul
6.Chocolate Buttermilk
7.Sea Of Tranquility
8.Let The Music Take Your Mind
9.Wild and Peaceful
10.Open Sesame
11.Summer Madness
12.Ladies Night
13.Get Down On It
14.Celebration
15.End Credits

最初にお断りしておきますが、私 彼らのアルバムベスト盤しか持っておらず、
詳しいことは書けません。 あしからず。
 
 69年にジャズファンクインストバンドとしてデビューし、80年代になってからは
ボーカリストを入れたボーカルインストバンドとして活躍。
ですから36年くらいの芸歴ですか 凄いな〜

このアルバムには5人のオリジナルメンバーに加え、10人近くの若いサポート
メンバーが大活躍しています。
とにかくこのサポートメンバーの芸達者なことと言ったら・・・・
まず 管楽器の演奏が上手い! そして歌 ダンス コーラスも抜群!
何よりルックスがかっこいい!! とにかくすばらしいんですよ。

ちょいとばかし曲を説明しますと、
全体的にはブラスセッションを中心にしたアレンジになっているようです。
ブラスインストファンクとして有名な「Hollywood Swinging」「Jungle Boogie」。 
他にも個人的に大好きな「Summer Madness」もやってます。
この「Summer Madness」のシンセのイントロはいつ聴いてもゾクゾクしますね。
この曲にはシンセとクールなギターのソロが織り込まれて、その盛り上がりは
すばらしいですよ。 ボーカルを主体にした「Celebration」や「Ladies Night」でも
実に楽しそうに歌い、演奏してます。

もちろん 5人のオリジナルメンバーもタフな演奏でがんばってます。 
若いサポートメンバーがオリジナルメンバーに対し、敬意を表しながら接している
のも微笑ましい。 何よりも良いのが、その頑張りに観客も一体になって答えて
いるのがすばらしいですね。 コンサート会場は中規模ながら歴史のある建物の
ようで、常に観客の表情が分かるような明るい雰囲気なんですよ。
ずばりアットホームな感じでとでも言ったらいいでしょうか。

このライヴは彼らのファンでなくとも すべてのポップスファンに見てもらいたい。
正味85分 存分に楽しんで頂けると思います。
また これを機に彼らのオリジナル盤を揃えようかと思いましたが、残念ながら70
年代のアルバムは手に入りにくいようです。 
その割りにはベスト盤が多いこと (苦笑)
とにかくお勧めですよ。このライヴ映像は。CDCDCDCDCD

| ファンク MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
スポンサーサイト 22:39
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://enski.jugem.jp/trackback/486
<< NEW | TOP | OLD>>