遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
MR 106 ハーブオオタ 「ウクレレウェイヴ」 13:09
えんすき日記 避難場所 http://blog4.fc2.com/enrock/
SkiReport & En’sPhoto http://blog.drecom.jp/enphoto/



HERB OHTA / Ukulele Wave

毎日暑いですね〜
自分の仕事場 ビニールハウスの中は、日中40度くらいになります。
遮光ネットを張っても35度くらい・・・・(+。+)

ですから 日中は仕事になりません。
そんなわけで涼しげな音楽を聴きながら記事をかいてます。
今聴いているのが、
ウクレレの名手 ハーブオオタさんの「ウクレレウェイヴ

最近はウクレレブームで気軽に始める人も多いようです。
弦は4本でシンプルな作り、それが人気の秘密でしょうね。 
柔らかな音色も素敵ですし。

オオタさんはハワイ在住の日系2世(かな?)。
このアルバムでは、ボサノバの名曲に挑戦しています。

1.ウェイヴ
2.ラプソディ・イン・ブルー
3.ウクレレ・ウォーク
4.ウィズ・アモール
5.ハウ・ハイ・ザ・ムーン
6.スマイル
7.スウィート・サムワン
8.イパネマの娘
9.マリア・エレナ
10.カーニヴァル
11.ラ・メール
12.月の光
アントニオカルロスジョビンの名曲「ウェイヴ」で幕をあけるのですが、
オオタさんのウクレレというのは、表現力がとても豊かなんですよ。
4本の弦から出ているとは思えない、多彩な音色が魅力であります。

「ラプソディ・イン・ブルー」はオオタさんのソロ演奏。
し〜んと静まりかえった浜辺で聴くと最高かもしれません。
「ウィズ・アモール」は、日本人の心に染みるような哀愁のメロディーが
魅力です。 クラシックの奏法を取り入れながら、繰り出すメロディーを
聴くのは、この上ない幸せでありまする♪
4ビートで決める「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」もいいな〜
ボッサの名曲「イパネマの娘」 ジョビンの曲ってのはウクレレの柔らかい
音色にピッタリなのかもしれません。

このアルバムはバックに日本人のミュージシャンを配し、すっきりとした
演奏を披露しています。 世界中にはいろいろな楽器がありますが、
ウクレレほどユニークな楽器もないでしょう。 なんというか魔法の小箱と
いうか、小宇宙というか。
4本しかない弦楽器なのに、それがオオタさんの手にかかると、凄い可
能性のある楽器になってしまうんですよ。

最後に・・・
ハーブオオタさんとの出会いについてひとつ。
10年くらい前 ギターデュオ・ゴンチチがWOWOWの音楽番組に出演してまして、
2人がハワイを訪ね、そこで出会う人々と音楽で交流を図るというものでした。
そこで2人が尊敬する師匠として、オオタさんが出てました。

浜辺でゴンチチの二人をバックに奏でるオオタさんのウクレレ 
まるで波の音までも、音楽の一部になったかのようです。
まさに至福の時ですな船

そこからのお付き合いですね。
もっとジャージーなアレンジの作品や、土着的ハワイアンに取り組んだものなど
従来のウクレレにとらわれない多彩な音楽性が魅力的ですよ。 
そういや息子さんもウクレレ奏者としてアルバムをだしてますし、今後も牽引役
として活躍されるでしょう。CD
| ボッサ & ラテン MR | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
スポンサーサイト 13:09
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








初めまして。ハーブオオタさんで検索して、お会いできました。私も父が所有する大量のCDの中から中三で「WKULELE WAVE」に出会い、受験の時にはとてもお世話になりましたf^_^;本当に、なんともいえず癒されますよね。この一枚は、墓場まで持って行きます!笑
posted by http://blog.livedoor.jp/tiffin28/ | 2005/08/11 1:20 AM |
はじめまして

オオタさんはたくさんのミュージシャンに尊敬されていますね。
記事の中で書いたゴンチチとのジョイント番組もすばらしいものでした。宝モンですよ。
まさに極楽ミュージックといっていいでしょう。
ウクレレ音楽では、関口和之&砂山オールスターズ 「World Hits!? of Southern All Stars」も楽しいですよ。
いずれレビューやりますね。またお越しくださいませ。

posted by えんすき | 2005/08/11 6:24 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://enski.jugem.jp/trackback/354
<< NEW | TOP | OLD>>