遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
テリー伊藤と沢尻エリカ 12:29
沢尻エリカ
この人の騒動については批判する意見が多いようだが当然と言えば当然。
その中であのテリー伊藤は完全擁護の立場であるようだ。
これについてはJーCASTの記事で数多く取り上げられているのでそちらを見て頂きたい。

テリーによればあのような態度を取るのも彼女の不器用さや自己主張がうまくいかない
ぎこちなさが態度に表れただけと終始擁護姿勢であった
。 
過去の大物俳優やタレントも皆あのような傾向があったと主張していた。

それ以上にテリーの言いたいことの一つに 彼女の演技や役者としての才能で
評価する前に、それ以外のことで誹謗中傷やパッシングが集中するのは危険な風潮で
あるという考えもあったのだろう。 
実は彼が朝青龍や亀田親子を擁護したときも同じような傾向があった。 
気持ちは分かるが、でもどこかピントはずれな気がする。
沢尻エリカの場合はあの状況において明らかに周りに不快な思いをさせている
確かにあの会場で、彼女の女王様的態度に何かをしでかしてくれるのではと期待して
いる向きもあっただろう。 案の定不機嫌トークで期待を裏切らなかった。
失笑や爆笑は芸能界の一部で彼女の”キャラ”が周知の事実として知れ渡っているから
だろう。 ただそれを知らない関係者・ファンもあの場所に数多くいたはずだ。

人に夢を売る商売に従事する者の心得 周りの関係者・ファンには不快な思いをさせない
これは極当然の事だと思うが・・・・

テリー伊藤という人は破天荒な生き方ややんちゃなキャラにの人物にやけに寛大である
でもその過程で迷惑を被った人や不快な思いをした人の思いを無視していいのだろうか。
良いわけがない。 
”オレも昔は悪かったんだよな〜”が免罪符として通用する社会はおかしいのでないか。
テリー伊藤の理論はそれを助長させていると思うのだが・・・・

テリー伊藤って人は、あるアンケートで最も気になるコメンテータとしてトップに挙げられていた。
確かになるほどとうならせる考えもあるが、時々ピントはずれの意見もある。
そこが残念なところである。

(このエントリーは避難場所 別館にも書きました)
| 芸能 | comments(0) | - | posted by enski
静岡県勢は頑張っている・・・・!? 06:32
「NEWS23」山本モナがイケメン代議士と不倫チュ〜
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/21249/

黒はんぺんの「静岡おでん」PR曲を発売
http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_10/g2006100224.html

キャスター交代でイメージアップを図るはずのNEWS23が、とんだ災難に・・・
まあイメージアップを図るならまず筑紫氏が降板するべきでしょう。
最初は与党自民の謀略かと思いましたが、なぜか興味をそそりますw
細野代議士も静岡5区 民主若手のホープなのにね〜 今後はどうなりますか。

さて新キャスターに抜擢された膳場貴子さんも元NHK静岡のアナウンサーでありますが、
現在のNHK静岡のアナウンサーも頑張っています。
平山 佐知子(ひらやま さちこ)さん 落ち着いた感じがとてもよろしい。ラブ
高須 沙知子(たかす さちこ)さん 親しみやすさがGood!ラブラブ

アナウンサーではありませんが、最近人気の若手女優 長澤まさみさんの出身地が
なんと 隣町の磐田市であったとは・・・
長澤さんの魅力 すましているといいとこのお嬢様風なのに、ニカッっと微笑む笑顔が
どこか庶民的。 特に口元が印象的ですね。
長澤さんの他にも笑顔が印象的なタレントさんがいます。
私の一押しは臼田あさ美さん 応援していますぞ。ラブラブラブ(*^^*)
| 芸能 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
亀&安弘 復活なるか 22:38
オールナイトニッポンファンの方には朗報です。

カメさんの「オールナイトニッポン」復活
URLhttp://www.sankei.co.jp/news/060424/bun081.htm
昭和44年から48年までニッポン放送「オールナイトニッポン」のカリスマDJとして
活躍した“カメさん”こと亀渕昭信氏(64)が5月14日放送のスペシャル番組に出
演することになった。
 番組は「亀渕昭信のオールナイトニッポン 35年目のリクエスト 青春のかけらを
届けます」(午後11時)。同局の前社長だった亀渕氏のDJ登板は9年ぶり。
三十数年前のリスナーの手紙やはがきをもとに彼らを探し出し、対面して当時の
思い出を語り合う。
 このほど収録を終えた亀渕氏は「この番組を聴いて団塊の世代の中高年が、
IT時代の荒波の中で自分らしさを失わず、より魅力的に人生を歩んでいく勇気が
出れば」と願っていた。

亀渕さん9年ぶりの復活ですか。
実は亀渕さんのDJは聴いたことがありません。 昭和40年代のDJがどんなものかは
分かりませんが、亀渕さんと斉藤安弘さん一緒のDJなどは是非聴いてみたいですね。

ちなみに最近の安弘さんはと言いますと
オールナイトニッポンファン・エバーグリーン 
URLhttp://www.allnightnippon.com/evergreen/
たま〜に聴きますが、安弘さんの静かな語り口が印象的です。OK
| 芸能 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
太田光よ、何処へ行く 08:13
三が日も過ぎ、今日はもう8日 早いものです。
今年の正月は久しぶりにTVを見ました。
凄い展開だった箱根駅伝・復路。
古畑任三郎の最終シリーズも藤原竜也の怪演が光っていました。
石坂浩二の渋い演技もいいですね〜 そしてイチローのすばらしい演技
どれも力作でした。

そんな中 日テレ系「爆笑問題・太田光のもし私が総理大臣になったら」は困った
番組でしたね。 この番組は太田光が総理大臣になり、いくつかの議題を提案し、
採決するかを議員に扮した芸能人・文化人と共に議論・審議するというものです。

で最初の提案に驚きました。
自衛隊基地を田んぼにする」というものです。
憲法9条を守り、自衛隊は解散 空き地は田んぼにして自給率をアップさせ、それが
やがては国内経済を活発化させるという理論。



太田の主張する”軍事暴力破棄を憲法に明記しているのは現日本国憲法だけ
現実に即さないのは認めるが、国際紛争を解決するのは軍隊ではなく、政治家な
はず。ならば率先して自衛隊を無くし、9条は残し、それを全世界にアピールする。”

何処かの政治団体もそんなことを言ってましたね・・・・
あまりにも荒唐無稽な理論に、開いた口がふさがらなかった。 
人類が人間として存在していくのに 残念ながら戦争という危険からは逃れることは
できないと思う。 それをだれもが分かっているから、戦争を回避するための外交交渉や
取り組みを行っている。 では何故軍隊は存在するのかということになると やはり
話し合いだけでは国際紛争は解決しないと誰しも分かっているからでしょう。
誰だって戦争はイヤだし、話し合いで解決すればどんなにいいだろうと思っているだろう。
でもそれですべてが解決するわけではない。だから軍隊の存在が容認されているのだ。


まあ太田の発想が性善説からきているのだろうけど 性善説のみがはびこる社会は
やがて破滅するのは明白だと思いますけど。
太田の主張する”究極の理想論”はあくまでも理想論にすぎない。 その理想論が
現実の厳しさと直面したとき、その気持ちを本当に貫けるのだろうか。
理想と現実に出来ることは全く別のことを理解したほうがいい。


それ以上に驚いたのが太田が大マジになっていること。
これ正月のバラエティ番組でしょ? そこまでムキになっていいのかね。
目を充血させ、興奮気味にまくし立てている。 一緒に見ていたうちの家族も太田の
形相を見て”怖い!!”を連発していました。

番組中では太田の意見に 約3分の2が反対し、”あまりにも現実感がない”と批判
されてましたが無理もない。 それに対し太田があそこまでムキになって反論するとは。
それと爆笑の番組は田中が突っ込みやフォローをするのに この議題の時だけなぜか
別室にいました。 本来田中は番組の司会・進行に徹するべきだと思いますがね。
つまり正月バラエティとしての落としどころを全く忘れた笑えない番組だったと思います。

最後に石原良純が提案した”ゴミ袋を記名制にせよ
ゴミ処理問題の現実があまりにも無責任ではないかという観点からの議案です。
実はこれ私の市で実施されてます。 確かにプライバシーの問題があり、都市部で
やるのは問題があるかとはおもいますが、もし日本が無責任社会へ加速すると
プライバシー管理くらい自分でやれという考えが一般的になり、ゴミ袋記名制が義務
付けられる可能性は十分あると思います。 とにかく日頃からパソコンのセキュリティー
対策だけでなく 郵便物のシュレッダー処理は自分でやらないといけない。 そんな
時代がきているのかもしれません。聞き耳を立てる

| 芸能 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
驚くべきニュース 20:51
ジョージ・マイケル:男性と結婚
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/news/20051201spn00m200010000c.html
驚きました 本当に彼にその気があったとは知りませんでした。

世界初の顔面移植、仏で成功 犬に鼻と口かまれた女性に
http://www.asahi.com/international/update/1201/004.html
映画「フェイス」が現実のものとなりましたか。
(失礼 フェイス・オフでしたね)

紅白出場歌手発表…「エロカワ」倖田&和田「白組」
http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_12/g2005120110.html
最初 「エロカワ」が誰なのか全然わかりませんでした。
ユーミンも出るようだけど
おそらく見ないんだろうな〜

| 芸能 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
もはや過去の人なのに 07:11
ギョー界ナイショ話 YOSHIKI、小泉首相との約束を反故
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1411064/detail?rd
その座を不動のものとした小泉首相が“熱烈ファン”を公言する元X JAPANの
リーダーYOSHIKIが首相との約束を裏切り、歌手生命のピンチに陥っている。

「9月22日に次世代のX JAPANをデビューさせると大見えを切ったものの、
曲作りがうまくいかずに、延期になったんです」(発売元のレコード関係者)

 次世代“X JAPAN”の結成を発表したのは、今年の3月のこと。愛・地球博の
開会式で自らプロデュースした公式イメージソングを天皇陛下や小泉首相の前で
指揮するためにロスから緊急帰国した際のことだ。次世代のX JAPANを目指す
プロジェクトとは「VIOLET UK」と呼ばれるものだが……。

「最近のYOSHIKIは一般大衆受けする曲ではなく、クラシックに力を入れてきた
だけに、ファンはもちろんのこと、小泉首相も期待してましたよ。ところが、出来上
がったデビュー曲が納得いかなかったようなのです」(コロムビア関係者)

 音楽関係者からは「もはや彼は大衆受けする曲作りに自信が持てなくなったん
じゃないか
」という声も上がっている。

 小泉首相の期待を裏切ったYOSHIKI、解散8年目にして、ロック歌手として
崖っぷちに立たされたようだ。


懐かしい名前ですね。

”もはや彼は大衆受けする曲作りに自信が持てなくなったんじゃないか”

???

これは彼自身が、自分に活躍の場が無いことを実感しているからだと思います。
もう過去の人ですよ
あの異様なビュジュアル系ブームは、とうに過ぎ、当時人気のあったバンドも
ほとんどいなくなりました。 若者層だけに受けを狙った文化というのは、簡単に
忘れ去られますからね。 そんなもんです
でもエイベックスのトップページに、「VIOLET UK」の文字があるところをみると
リリース間近なんでしょうか。

いぜれにしろ このソースの出元がゲンダイというのがイヤですね。
あたしゃ ゲンダイは嫌いです・・・・・
| 芸能 | comments(2) | trackbacks(1) | posted by enski
暴走ゲーノー人に気をつけろ(アサヒもね) 19:40
暑苦しさ1位は松岡修造氏 クールビズ調査、首相3位
http://www.sankei.co.jp/news/050830/bun063.htm
調査したエフ・エー・ビー(大阪市)によると、理由は「周囲は
冷めているのに1人だけ燃えている」「語り口が暑苦しい」と
極めてクール。2位は人気タレントみのもんたさんだった。
男性から見た暑苦しさでも松岡さんが1位、みのさんが2位だった。
一方、女性が選んだ一位はみのさんで、松岡さんは2位と逆転した。
この記事 ワラタ  世間の評価は正しいと思う。
自分なら1位松岡修造  2位みのもんた  3位古館一郎で決まり!
暑苦しいというより”うっとうしい”と言い換えたほうがいいだろう。
ついでに”身の程知らず”と”思いこみの激しいヤツ”を付け加えておく

この”身の程知らず”と ”思いこみの激しいヤツ”に、”場が読めない”が
加わると、とんでもない暴走をする人間が出てくる。
それが先日 アサヒの記事を捏造した長野総局の西山卓記者だろう。
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_08/t2005083007.html
アサヒの人間が好きな言葉に”正義”がある。
アサヒ関係者だけでなく、最近はミュージシャンがこの言葉に熱心だ。
この前もライヴ8で、ボノがJustice(=正義)を連発していた。
普通 正義という言葉を連発するのは誰しもためらうものである。
それはなぜか・・・多くの場合 偽善的と疑われるからだと思う。
にもかかわらず何のためらいもなく正義を連発する人間を、自分は
どうしても信用できないのだ。
イギリスのミュージシャンがチャリティーに熱心なのは、別の理由もあるが、
これはまた話します。

ゲーノー人が暴走するくらいどうということないんですが、その時はみんなで
笑ってやりましょう。OK

追記・・・
アサヒ記事捏造の件 毎日さんの社説で言われてますよ
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/

| 芸能 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
「マンガ嫌韓流」でお祭り騒ぎ 19:48
自分がブログを始めた頃は時事を中心に書き、音楽レビューはテキトーに
やっていました。 
主に日韓・日中関係やメディアに対する考えを、右の立場から書いてました。
今回は初心に戻った気持ちで日韓関係についての話をひとつ。

マンガ嫌韓流
マンガ嫌韓流

沖鮎要は、どこにでもいる普通の高校生。歴史は難しそうで、
はっきりいって興味ない。まして韓国なんて興味あるわけない。
ただ漠然と「日本は韓国に悪いことをした」と思っていた。
学校でそう習ったし、TVや新聞もそういってたから。
しかし日韓共催W杯などをきっかけに「韓国ってなんか変」と
感じるように…。

大学生になった要は、韓国を知るため、
歴史サークル「極東アジア調査会」に入会する。
そこで出会った、韓国研究に余念がない先輩たちに導かれて
韓国の驚くべき実態、そして本当の歴史を知っていくのだった。


これは最近話題になっている「マンガ嫌韓流」のキャッチコピーである。
自分もようやくこの本を手に入れたので感想を書いてみます。

まず この本が出される背景を自分なりに考えてみますと、日韓ワールドカップと
ネットの普及
が大きな要因になっていると思います。
ワールドカップ時の韓国のおかしな振る舞い それを報道しないメディアに対し、
”これはなんかおかしいぞ”と感じた層が、ドッとネットに流れたわけです。
当時から 考えるていることを不特定多数の人に伝えるのはネットの世界しかな
かったわけですから無理もありません。 まあ自分もその口ですがね。
そこで多くの人が情報を発信する。 もちろん信頼できるものもあれば ガセも
あるわけです。

その流れから生まれたのがこの「マンガ嫌韓流」です。

一見すると今の韓国映画スターを中心とした韓流ブームに対する批判かと
思われますが、その部分は本の最後にでてくるだけです。主な内容は、今の
日韓関係がなぜ改善しないかという点を中心に書いてあります。

では著者の主張はなにか・・・
友好を阻止する主因を作っているのは、韓国自身である という点です。
詳しくは読んでもらえれば分かりますが、自分のような立場には特に目新しい
記述はありません。 それほど大騒ぎするような内容でもないし。
しかし読み物としては十分に楽しめます。

また アマゾンのレビューではとんでもないお祭り状態になっています。
なんせレビューが500件を超えるんですから・・・ 
近年まれにみる大祭といっていいでしょう。  めでたしめでたし 笑
レビューに賛否両論があるのは当然ですが、その中で
”内容が偏向していないか?”という指摘がありました。
さてこれを偏向というのか・・・・・笑 
この本は韓国の現状を批判する立場であり、あちら側の主張にたった内容の
本なら世の中にいくらでもあります。 それを買って読み比べればいいでしょう。
偏向の有無を問われるのは、まず正確な報道が求められる新聞やテレビのようなメディア
であるわけで、このような個人の著書に、偏向がどうのこうのと言ってもしょうがない。


一方 あちらに目を向けますと、韓国では親日を口に出したりすると周りから袋だたきに
合う場合が多いようです。 そんなこと日本じゃ考えられませんよね。
日本人と韓国人の物の考え方が全く違うのは、文化・宗教的背景が大きいわけです。
その辺を知るのにも この本はいいきっかけになるでしょう。
本の巻末には資料のためのURLが記載されています。興味が湧いた方はぜひどうぞ。


| 芸能 | comments(2) | trackbacks(8) | posted by enski
起こるべくして起こった 00:00
えんすき日記 避難場所 http://blog4.fc2.com/enrock/
SkiReport & En’sPhoto http://blog.drecom.jp/enphoto/

菊間アナ:フジ社長に涙を流して謝罪
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/
geinou/news/20050723spn00m200008000c.html


この事件 あ〜やっぱりってかんじですね。
はっきり言えば その主因が
同社アナウンス室のヌル〜〜〜〜い体質
                 にあると思います

追記・・・
そういや 何かとお騒がせの里谷多英もフジの社員だっけ。
続きを読む >>
| 芸能 | comments(4) | trackbacks(1) | posted by enski
速報 マイケル無罪! 06:31
えんすき日記 避難場所  
http://blog4.fc2.com/enrock/

SkiReport & En'sPhotoはここ
http://blog.drecom.jp/enphoto/

速報 AM6:20頃・読売TVの速報ではマイケルジャクソンの判決は
陪審員が全面無罪の評決を出したそうな。 限りなく黒だと思っていたが。
アメリカでは事実認定を覆す上告はできない。つまり無罪確定というわけ。
事件の経過を振り返るとまるでマンガのせかいだな。病めるアメリカを象徴してますな。
O・J・シンプソンの判決を思い出したが、はっきりした物証がないのならこの
判決は当然なのか。 自分もよくわかりません。
これからは「マイケルジャクソン被告」ではなく、「マイケルジャクソンさん」と呼ばなくっちゃね。
しかし マイケルもジャクソン5時代はあんなに魅力的だったのに・・・
どうしてあのような趣味に走るようになったのか。 人気商売もつらいね〜

日本でも陪審員制度が導入されますがどう影響しますかな。オレはぜったい断るぞ バッド 

追記・・・
米歌手M・ジャクソン被告に全面無罪の評決 (読売新聞) - 6月14日6時59分更新

避難場所でも書いてみました。
http://enrock.blog4.fc2.com/blog-entry-145.html
| 芸能 | comments(0) | trackbacks(11) | posted by enski
| 1/1 |