遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ユニオンジャックが泣いている 05:39
JUGEMテーマ:ニュース
久しぶりの更新になります。

今までは音楽中心の更新内容でしたが、これからは時事関連の内容中心で書くつもりです。

先頃 あの大英帝国からスコットランドが独立するのかどうかの住民投票が行われたが、
あれも”落ちぶれた大国”象徴させる出来事だった。

実はタイムリーなことに2冊の本を読み比べていた。
「イギリスに住んで確信! 日本はイギリスより50年進んでいる 」
信夫梨花著


そして何度も登場する
「日本が世界一「貧しい」国である件について」
谷本真由美著


とにかく物事を見る視点が全く違うと内容もこうも違うかという良い例です。
谷本さんがビジネス的な面から日本人の盲点を書いているんですが、その通り!!と
太鼓判を押すような鋭い視点が書かれていて大変参考になります。
じゃあそのすばらしいはずのイギリスが財政難や移民問題など多くの問題で
”落ちぶれた大国”になった それをどう説明するんだよ 谷本さん?
むろん著者はイギリスが落ちぶれた大国になっているなどとは思ってないし
学ぶべき大国だと主張しているようですw

で最初の本
これがまた凄い 日頃からニュースをチェックしているとイギリスがどれほどの惨状か
というのは情報としていくらでも伝わってくる。題名にある”日本が良すぎる”のではなく
イギリスがダメすぎるのである (爆 
日本と全く違う どうしたんだイギリスよ!!ってな感じ (w
 

落ちぶれる過程は1950年代からあったわけで そう考えるとロックが誕生した社会背景にも
納得がいく。 落ちぶれた大国だったからロックミュージックが誕生したんだね〜

いや〜 日本もこうなったらおしまいだという良い例 反面教師として見習いたいです。
皆さんも秋の夜長 このような本を読み比べてみるのもいいかもしれません お勧めです。

追記
なぜ谷本さんのような”グローバルスタンダードこそ正しいのだ人間”が増えるかというと
やはり現代日本人が”日本人とは何か”という根本的な何かを忘れているからだという
考えが浮かんでくる、、、、
それを思い出させてくれるのが下の著書 これも良いです お勧めです
 
 
| 時事 | comments(0) | - | posted by enski
麻薬蔓延について思うこと 00:03
 
最近 ある芸能人が麻薬におぼれ捕まったという事件で持ちきりであります。

まあ昔からロックの世界でも麻薬 喧嘩 酒の三種の神器におぼれ、身を滅ぼす例は
ありましたが、ここまで騒がれるといい加減にしろ 選挙前だろうと批判も言いたくなります。

でZAKZAKの記事に出ていましたが、
次はアノ人…芸能界薬物汚染「全リスト」一挙大公開
http://www.zakzak.co.jp/gei/200908/g2009081101_all.html

これを見ていろいろと思い出した。
そうか井上陽水 長渕剛なんかも逮捕されている!!
長渕剛なんかは当時月刊プレイボーイ誌上で桑田佳祐とバトルを繰り広げていた。
桑田佳祐のソロ曲で長渕を揶揄しているのではないかというようなバトル内容だった。
私は当然桑田派だったが、桑田佳祐が好きだったからというより、長渕が反吐が出るほど
嫌いだったので桑田を応援しただけのことで 正直深い意味はなかった。
その論争の最中に麻薬所持で長渕が逮捕 論争もジ・エンドと相成ったわけで
肩すかしを食らった状態でしたね。

で井上陽水で心配だったのが、90年代に入ってバックバンドのメンバー2人も麻薬所持で
逮捕という報道があったように思う。 陽水のバックは腕達者なメンバーばかりで この人たちの
逮捕ですわ陽水もまたもや逮捕かと心配しましたが、結局陽水が逮捕ということにはならなかった。

このように音楽や芸能界には乱用というのが増えてきたかのように思うかもしれないが、これは
摘発を強化した結果だと思う。 日本の麻薬乱用の総数自体が増えただけで芸能界だけに
乱用者が増えたからではない。 だって高校の教頭ですら麻薬所持で捕まる時代ですからね。 
| 時事 | comments(1) | - | posted by enski
高度成長期の生き証人が、また一人去っていった 22:47
今日は先日亡くなられた植木等さんのお話。
先日 AMニッポン放送 テリー伊藤がパーソナリティーを務める番組で、
                         植木さんの死去に触れ、な事を言っていた。

”高度経済成長期のあの時期 
   あのような(映画のような)生き方をしてもいいんだ!”と気づかせてくれた  と。

はぁ?


もういろいろなところで触れられているが、生前植木さんは、自分が映画のような人間に
思われるようなことを嫌っていたと思う。 実生活も非常にまじめな方で、世の中の人間が
皆映画のような生き方をしたら社会は滅ぶだろうという意味のことを言っていた。
あの映画はあくまでも非現実的な世界で、それをあえて実直な植木さんが演じたところに
その面白さがあると思う。 
高度成長期の時代 皆骨身を削る思いで仕事に打ち込み、経済発展を支えてきた。
我々の父の世代である。 無責任など絶対に許されない時代に一服の清涼剤になり得た
のもなんとなく想像がつくし、ある意味当時の社会人の逃げ場としてどうしても必要だった
のではないかと考えます。

始終戦ってばかりいれば身も心もボロボロに疲れ果てますよ。 
                         どこかで息抜きをしなければ・・・・

私はドリフ世代なので残念ながら当時の事は分からない。 でも大変な時代だったろう。
そんな中でもピシッとやっていかなくちゃならなかった。 時代が植木さんのような存在を
求めていたんですよ。 
テリーのピントはずれな考えには笑ったが、高度成長期の生き証人がまた一人去っていった
ことは間違いないと思います。

謹んで植木等さんのご冥福をお祈りいたします。




            
| 時事 | comments(2) | - | posted by enski
避けられない深刻な問題 23:16

我が静岡県・浜松市ではブラジル人が関係する事件が多発し、深刻な問題に
なっている。容疑者が母国に逃亡し、ブラジルという国自体が自国民を引き渡す
ことを法律的に禁止しているため、捕まえ処罰することができないというものだ。
今現在 引き渡しが日本との間でできるのはアメリカと韓国のみ。
なんという不条理なことか。

実は私の知り合いに自動車整備工場を営んでいる方がいるのだが、この人も
事務所破りに入られた。 その犯人がブラジル人であった。
ご存じの通り 浜松市は外国人が多く 特にブラジル人の割合が高い。

しかしどうしてこんな重大なことが今までほったらかしになっていたのか不思議で
ならない。また 日本におけるブラジル人社会はこのような状況に一体何を思うのか。
これがもし反対の立場であったら  たとえば日本人が海外で犯罪を犯すような事が
多発すれば、まず事件の背景を考え早急に対策を練るということをするはずだ。
おそらくブラジル本国でも同胞が外国で事件を起こし、自国に逃げ帰っているなんて
ことはほとんどの国民は知らないのかもしれない。 深刻な国家間の問題に発展し
ないと対策に本腰を入れないと思う。 しかし その時点にまで行ってしまうのは
非常に危険ではないだろうか。 つまりその時点で人種間の差別や対立・排斥運動に
まで発展している可能性は十分にあり得る。 それまでになんとかしないと・・・・

追記・・
2年くらい前 浜松の飲食店経営者がブラジル人に殺害された。その犯人は母国に逃亡 
その後 なんと日本TVの記者がその犯人を捜し当て、そいつにインタビューを試みたと
いう報道があった。 
そいつは”そんなことは知らない”の一点張り、その後仲間が現れ危険な状況に・・・・
ほんとぬけぬけと生活してやがる。 許せん!!

このような事件はブラジルだけでなく他の外国人にも当てはまる 深刻ですよ この問題は。

でこんな報道が・・・・朗報となるか
浜松・女子高生死亡ひき逃げ ブラジル当局が捜査へ
http://www.shizushin.com/local_social/20061227000000000008.htm
ブラジルでも大きく報道 国民衝撃 焼津・母子殺害
http://www.shizushin.com/local_social/20061226000000000059.htm

(この記事は避難場所にも書きました)
| 時事 | comments(3) | - | posted by enski
親と子の関係は大切に 14:58
いじめによる自殺問題について わたしもひとこと

私も過去執拗ないじめに遭い、嫌な思いをした事がありましてその克服秘話は
こちらであります。
過去記事・「解決するのは自分自身
http://enrock.blog4.fc2.com/blog-entry-90.html

さて今のいじめは昔と違い陰湿になっているらしく、それを苦に自殺を図る子供が
続出しているのは報道のとおり。 まあ私もいじめにあった事を思い出し、暗い気持
ちになってきますね。 しかし私の場合 死にたいと思った事は一度もなかった。

なぜか 
おそらく”死”そのもののイメージがどんなものか湧かなかったのだと思います。
ただ単に怖いものというイメージしかありませんでした。
それに比べると 現代ってのは死をモチーフにする情報が、あまりにも多すぎては
いないかと疑問に思う。  つまり壁にぶち当たってしまうと簡単に死という言葉を
使い しかも実際に決行してしまう人間が多くなるのは、情報だけがひた走りする
現代ゆえの流行病のようにも思えてきます。

これを阻止するには・・・・ 確かに難しい。
最近も文部科学省に自殺予告の手紙が送られてきたかと思うと、同様の手紙が
堰を切ったかのように増えたらしい。 そのうちの何通かは愉快犯のものだと思うが、
中には行き場のない子供の叫びといえるものもあるだろう。

ここで疑問なのはこの被害者児童は最初に戦う姿勢を見せたかと言うことだ。
まず一番最初にいじめ(もしくはからかいのような)を受けたときの意思表示をどうしたか。
私も経験があるが最初に”嫌だ”という気持ちをはっきりさせておかないと、いじめっ子
ってのは ”あっ こいつは何にも言わないからこれからもからかってやれ”という気持
ちになるものだ。 そしてそれがいじめに発展していく。 これはとても怖いことです。
でも子供の世界ってのは残酷ですからこんな事が平然と行われていくんですよ。
最初に”オレに嫌な事をしたら 断固として戦うぞ”というよな意思表示を見せる事は
重要かと思います。

それから先月の児童自殺事件の後 学校関係者がいじめの事実をひた隠しにして
いたことを被害者家族に詫びる映像が何度も流されていた。
何度も流す必要があるかどうかも疑問であるが、とにかくこの事件で親と子供の関係
とは何なんだろう
と思う。 自分が一番愛しているはずの子供にいじめの事実を知らさ
れず、何の役にも立てず命さえも救ってあげることもできなかった。
 
親としてなんとむなしいことか・・・
子供社会が大人社会全体を当てに出来なくなっていて 親さえにも真実を言えず
助けを求められないなら、学校関係者に助けを求めるなどあり得ない。
当然一人で悩みを抱え込み やがて自殺の道を選ばざるを得なくなる。
いじめによる自殺の問題の根本はここにあると思う。

とにかく親と子の関係をどうにかしない限り、自殺に歯止めをかけることは無理だと
思いますね。
| 時事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
飲酒運転撲滅 奥の手はこれだ! 19:18
飲酒運転“発車ノー” 自動車業界、防止装置開発急ぐ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/19014/

飲酒運転が関係する多くの事故が起こり、いろいろなところで厳罰化云々言ってますね〜
でも今頃そんなことやっても事故が激減するわけ無いと思いますよ。
なぜなら昔から飲酒運転が容認されてきたわけですから。
過去記事・http://enjiji.iza.ne.jp/blog/entry/31965/

そこで一案
ラーメン屋のような飲食店は酒類の販売禁止
それが無理というなら、酒造メーカーが代行運転業界に出資協力して代行運転が利用しやすくする。
今現在代行運転の利用料金がタクシー初乗りより高い現状があるらしいです。
こんなもの一つの対策でしかありませんが。

厳罰化は当然として、社会全体や酒造・車メーカーなど業界の取り組みも必要でしょうね。
それでもだめなら いっそ完全な監視社会および厳罰化社会を目指したらどうでしょうか。
以前記事で書きましたが、現代日本人のモラル崩壊も深刻です。
本来人間の奥底には邪悪な一人の本人がいるはずです。
邪悪な本人の考えていることをもう一人の良心が抑えているからこそ、モラルというのは
守られているわけです。 それが失われているのなら他者に頼るしかない。
自らでできないのなら、モラル崩壊を食い止めるのも飲酒運転を減らすのも他人(この場
合は公)
に頼るしかないでしょう。
他者に監視される事がどんなに息苦しく情けないか。 骨身にこたえた方がいいのかもしれません。


追記
沖縄のある飲食店では来店した客に車の鍵を店に預けさせ、帰り際に代行やタクシーを手配した事を
確認してからでないと車のキーを返さないという取り組みをしているそうです。
なるほどこれも妙案 というかここまでやらないといかんでしょう。
| 時事 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
ラリラリラ〜  でもキモイぞ 20:57
またもや超ヘヴィな記事ですいません。

カリスマシェフ大麻で逮捕…丸ビル内の自身の店で
URL http://www.zakzak.co.jp/top/2006_04/t2006042602.html
TV報道の印象ではこんな誠実そうな人まで?と思いましたが、議員や
自衛官まで麻薬におぼれる時代ですからね〜 まあ驚かないです。

ところで今日のニュースによると
メキシコ、麻薬所持を「合法化」
URL http://www.asahi.com/international/update/0429/005.html
メキシコで28日までに、個人が自分で使用する麻薬について、少量であれば
所持していても罰しないとする法案が議会を通過した。近くフォックス大統領の
署名を経て発効する。
 「もたらす結果は自己責任」として所持を許されるのは、マリフアナとアヘンが
5グラム、コカインが500ミリグラム、ヘロインが25ミリグラム、合成麻薬が1錠、
マジックマッシュルームが250グラムまで。特産の幻覚サボテンは1キロまで
認められる。

どうもメキシコでも麻薬密売組織の横行が問題となっていて、大量所持は即現行犯
逮捕とするための法整備ではないかとの見方もあります。  当然日本では考えられ
ないことです。
で日本に目を向けますと”カンナビスト”という 個人使用に限り大麻の所持を合法化
させよう
を主張するキ●ガイ団体が存在します。
(嗚呼 またアクセス数が減る〜)
すでに同じ理由で合法化されている国があるとか、大麻の有害性はたばこより低い
とか好き勝手なことをいっていますが、彼らの根底にあるのは、

他人に迷惑かけない自信はあるから ラリっていたい” 
これだと思いますね。

仮に害も低く、覚醒剤やヘロインほどの常習性もないとします。 ではなぜ日本では
違法になるのか。 これはごく一般的な日本人の感情として
ラリっている様が醜く、気持ち悪いと感じているからではないかと考えます。
やはり非日常的で異質なものは排除するのは、ある意味日本人の気質かもしれません。
他の国とは違うんですよ 日本人気質は。
私ですか? 当然合法化なんて賛成できませんよ。
だってそうでしょう 他人がヘラヘラとラリっているのを想像するだけでもキモいですよ。
それと大麻からよりヘヴィな覚醒剤や合成麻薬に移行する可能性も高くなりますから
そうならないためにも合法化なんてやっちゃダメです。
でも案外そこらで活動している 反戦平和主義者はこのような運動に共感しちゃうん
じゃないかな。 どちらも反体制という共通点がありますから。
やりたければ他の国にでも行って好きなだけやりなさいよ。

このニュースでまたぞろこいつらが合法化を叫ぶようになるでしょう。 あぁ〜 やだやだ
すでに堂々とHPまで作っています 笑 とても有害ですのでリンクはしません。
興味のある方はご自分で検索してください。

それから昔からロックミュージシャンも酒 SEX ドラッグの3点セットで数々の名作を
生み出しましたが、これってもしドラッグが無かったら大したものも生まれなかったこと?
まあどうでもいいけど・・・唖然

おまけ・・・・
釣り”だと思いますけどこんなこと言ってる方もいます 笑
http://blog.livedoor.jp/karen1985/archives/50602544.html

| 時事 | comments(7) | trackbacks(0) | posted by enski
借りたものは返しましょう 18:16
たまにはまじめに時事関連記事を書いてみましょう。

先日の消費者金融アイフル違法行為についての感想であります。

実は私も自営業になる前消費者金融に勤めていたこともあり、高利貸しだった(?)過去を
振り返りながら一言言わせて頂きます。
むろん私の勤務した金融業者は利息制限法に則った正規の会社であります。

まず借りたものは返さなくてはいけないのではないかということ。

どうもTVの報道を見ていると、債権者側の横暴な取り立てばかりに報道の主眼が置かれて
いるようですが、私の経験上 消費者金融に借りに来る層というのは、この人 本当に
返済計画を立てて借りにきているのか?と疑問に思う人があまりにも多いと思うのですが。
まあ今は自動貸し付けというシステムが主流になっているので、私の経験した貸し付け
方法が当てはまるとは限りませんが、この傾向は今も変わらないと思います。

つまり返済計画をたてない債務者・・・いや もっとはっきり言わせて頂くと計画を立てないで
借り、その結果破産になった債務者が、実は非常に浪費癖があり、自堕落な生活を送って
いることが多いのです。
 これは私自身が、返済不能になり破産寸前になった債務者の
身辺調査をした経験から言っています。 債権回収を事実上断念する(貸し倒れという)には
債務者の生活状況をあらゆる面から考慮して、回収不能であることを証明しなければなりません。

それだけではありません。 最初から返す気など無いのに借りにくる客までいる始末です。
いくら消費者金融間での債務者情報があっても これを最初の段階で見分けるのは至難の
技であります。 その点から見ればある程度 このような債務者に対し、債権者側が強い口調で
取り立てるのも当然ともいえます。 まあ行き過ぎた親族への取り立てや暴力じみた取り立ては
御法度でありますが。

ギャンブルや身分不相応な高額商品で返済不能になった債務者などは、まさに浪費癖の
典型でしょう。 それで返せなくなった人間はある意味社会人失格の烙印を押されても
しょうがないと思います。 まっとうな社会人なら自分自身の生活を考慮しながら返済計画を立てる
のは当たり前です。 確かに中には止むに止まれぬ事情で借りた債務者もいるかとは思いますが、
そのような人を救済するべく立法化も進んでいると思う。 今後はその辺にも注目したいですね。
ただ事の基本は”借りたものは返さなければならない”ということです。
それが免除される そのときは社会人として、ある程度のペナルティを課せられる事は肝に
銘じておくべきです。

このことは金融業者のやる違法行為と同様に問題視されるべきだと思います。


(この記事は4月25日に避難場所に更新しました。)


| 時事 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
電気用品安全法(表示義務制度)実施に反対します 14:21
リサイクル店困った 中古家電の販売制限、音楽業界もNO
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200602210020a.nwc

造業者などに製品の安全性検査やマークの表示を義務付ける制度。
違反した場合、個人では最高百万円の罰金などが科せられる。所管の
経済産業省は関係事業者や消費者などへの影響が大きいため、
〇一年度の同法施行後は商品ごとに一定の経過期間を設け、
周知徹底を図っている。

 新制度は家電製品の製造について、最大三年間の経過期間を設定。
〇四年度以降、マークを表示しない製品の製造を全面的に禁止した。
販売面の経過期間は最大十年間で、テレビなど一部家電製品は
〇五年度末でこの期間が終了、マークの表示が義務化される。
エアコンなど百一品目も〇八年度から表示義務が始まる予定だ。

こりゃ天下の悪法ですな。 わたくし絶対反対です。 
繰り返し言う!とんでもない悪法です。 みんなでこの法律破りましょう!!

使用者の安全確保のためとは言いながら、これは全く消費者の立場に立っていない。
まずは言われている問題点の数々を・・・
・中古品の安全管理は原則使用者本人の自己責任とするべき。
・安全管理としてを業者に義務づけるのは耐震基準検査制度を民間に丸投げ
 するのと同じ。
・大量に廃棄されると思われる中古品 リサイクルの精神に反してはいないか。
・中古市場が文化創造にとって重要なのを全く分かってない。
・5年間の猶予期間があり、前々からアピールしてきたというが世間には全く知れ
 渡ってない。
・個人同士の取引はOK(訂正・個人間では最高100万円の罰金らしい)

取り急ぎ書きましたが、皆さんはどう思います? バッド
| 時事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
シナに取り込まれる日教祖教師 12:55
日中の過去知り変化 反日デモに反発の高校生
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20060225/20060225a4260.html
中国での反日デモのテレビ映像に「中国はおかしい」「悪いのは向こうだ」と、
過去を知らないまま反発する若者たち。そんな若者に日中の歴史を学び、
考えを深めてもらおうという取り組みが関東や北陸の高校で行われ、授業を
通じた子どもの変化が25日から三重県で開催される日教組教育研究全
国集会で報告される。

中国で反日デモが広がった昨年4月から関東地方の高校で行われた
現代社会の授業。50代の男性教諭は、デモをどう考えるか生徒に尋ねた。

9割が「昔の戦争を今さら中国が持ち出すのはおかしい」。「日本は十分
反省している」も7割に。デモ拡大の理由は「分からない」などの答えが返ってきた。


教諭は「歴史を知らない」と感じ、近代史を簡単に教えた。犠牲になった
住民の遺骨を残す中国の記念館を見た体験を話し、南京事件の生き
残りの中国人証言などを特集したテレビ番組のビデオも見せた。


歴史を知らないですって? 十分知ってるじゃないですか。 
人類の大きな流れで見れば、先の戦争は歴史の一コマにしかすぎない。
シナの中華思想に取り込まれていく日教組教師のおつむには疑問を感じ
ざるを得ません。 
それにしても元の記事が共同通信なんだが、やけに日教組側に寛大な
報道内容である。 あ〜ヤダヤダ

さてこのような日教組教師はシナの下のような現状をどうお考えだろうか。

中国「イーストウッド監督で南京事件映画」 代理人「全くのウソ」
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20060226/m20060226011.html
関係者によると、イーストウッド氏は現在、太平洋戦争の硫黄島の戦闘を
題材とした映画を日米両国の視点から制作しようとしているため、ここ一、
二年のスケジュールは詰まっており、女優のストリープさんも多くの企画を
抱えて南京事件の映画に出演する余裕はないはずだという。
 ハーシャン氏ら当事者のこうした否定表明から判断すると、「クリント・イ
ーストウッド氏が南京虐殺の映画を監督する」という話はそもそも根拠がなく、
中国側の政治プロパガンダ、あるいは政治謀略的なディスインフォメーション
(故意の虚報)として広められた可能性も高くなってきた


中国、ネット統制強化か 「違法」76サイト閉鎖
http://www.sankei.co.jp/news/060207/morning/07iti001.htm

シナ当局に都合の良い記事だけを重視し、やっかいな情報については検閲で
取り締まるというやり方です。 
その後は根も葉もない内容だけが一歩きするってすんぽうです。
とにかく日教組のサヨク教師が教育界を牛耳ってるかぎり純真無垢(?)な
子供たちが餌食になる現状は続くわけです。 
お宅の子供さんの学校にもいませんか? こんな教師バッド
| 時事 | comments(2) | trackbacks(8) | posted by enski
| 1/5 | >>