遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
たまのお話 18:42
評価:
柳原幼一郎,石川浩司,滝本晃司,知久寿焼
ナゴムレコード
¥ 2,314
(2005-08-24)
コメント:かなりユニーク

 まず”たま”と聞いてニャンコではなく ”ああっイカ天のたまね”と気付いた方は
かなりの音楽好きです。w



この話は三ヶ月ほど前の話になりますが、某民放の朝のワイドショーで「たまの映画」と
いうのを取り上げていた。

ビックリしました 朝の番組でたまかよ。笑

21年前のTBS イカスバンド天国で最も有名になったグループがたまだったと思います。
唯一紅白出場を果たし、独自の音楽性で世間をあっと驚かせました。
でも今聴くと相当キワモノのような気がします。

そのたまが3人組として活動を再開し、「たまの映画」というのを自主制作。
それが朝の民放で紹介されたわけですが、その局アナ連中がみんなイカ天やたまを
知らない世代で いったいこの人たちをどう紹介したらいいのか戸惑っている様子。
やっぱキワモノのように感じたかな。笑
当時はこんなグループや 今の常識で考えるととんでもないミュージシャンが堂々と
テレビ出演していた良い時代だった 爆

で時は今
http://www.j-cast.com/2011/01/23085796.html?p=all
http://www.cyzo.com/2011/01/post_6362.html
CDが売れないのはクルマが売れないのとどこか同じ理由のような気もするが、
配信が主流になったからというのはあまり理由にはならないかもしれない。
要はどれもこれも似たような音楽 たとえばヒップホップ系かもしくはAKBやジャニタレの
ようなアイドルなんかが主流で、それ以外のカテゴリーを受け皿にできるマーケットがないと
いうのが一番の問題だと思う。
業界連中も売れるジャンルしか扱わず、新しい独創性のあるミュージシャンを育てることを
全くせず、聴く方もアホだから与えられる音楽それしかないと錯覚させられている。だから
結局今の大衆音楽をダメにしたのも業界連中とそれに乗っかってる音楽ファン自身だと感じる。

でたまに話を戻すと、その彼らが自分たちの信じる音楽だけで食えているかどうかは
予告編を見る限り難しいでしょう。 バイトもやらないと暮らしていけないんじゃないかな〜
その点アメリカなんかはカテゴリーごとでマーケットが確立されているからメジャー解約さえ
していれば一応音楽だけで生活していける状況にはあるらしい。
さすがはエンターテイメントの国 学ぶところはまだまだあると思う。

訂正。。。(解約→契約)の間違いです失礼しましたm(__)m

そういや私一押しの人間椅子も 結成21年でがんばっては来たが、いまだに音楽だけでは
生活できないらしく バイトもやっているという噂が・・・・

たまの映画 予告編
http://www.youtube.com/watch?v=VYx-hkWqL1o

人間椅子 疾風怒濤 ライブ 「りんごの泪」 PV
http://www.youtube.com/watch?v=-XPse1GPxPg&feature=fvsr




| Jpーポップス MR | comments(2) | - | posted by enski
女性ポップス古今東西 12:38
評価:
オムニバス,越路吹雪,弘田三枝子,園まり,日野てる子,青山ミチ,森山良子,石川セリ,中尾ミエ,テレサ・テン,吉永小百合
ユニバーサルJ
¥ 1,813
(2001-12-01)
コメント:成熟した女性たち


  近年 昔の女性ポップスを頻繁に聴くようになりました。
というのも数年前になくなられた作詞家阿久悠さんのインタビューTVを見て、やはり音楽は
聴き手の想像力をかき立ててくれるもののほうが良いと思うようになったからです。

このオムニバスアルバム 「ニッポンのウーマン/星」は60年代から70年代前後の
女性ポップスを中心に集められれたものですが、驚くことが多々あります。

ここで集められた歌手の方は当時 20歳前後の年代だったはずで にも関わらず
そのとても大人びた詩の内容 そして皆さんの歌唱力に驚かされます。

小さい花に くちづけしたら
小さい声で 僕に言ったよ
おじさんあなたは やさしい人ね
私を摘んで お家に連れてって
私はあなたの お部屋の中で
一生懸命咲いて 慰めてあげるわ
どうせ短い 私の命
おじさん見てて 終わるまで

可愛い花を 僕は摘んで
部屋の机に 飾っておいた
毎日僕は 急いで家に
帰って花と お話をした

小さいままで 可愛いままで
ある朝花は 散っていったよ
約束どおり 僕は見ていた
花の生命の 終わるまで
約束どおり 僕は見ていた
花の生命の 終わるまで

収録曲・花とおじさん(島田祐子)より

当時の歌については阿久さんが言っていたとおり、作詞家 作曲家 歌手など
それぞれ分業制になっていたため、歌手が歌の中の登場人物を演じるという表現方法に
なっています。 つまりフィクションであり、その歌の世界から聴いた人が何を感じるかは
聴いた人の感性に委ねられるわけです
私としては今のような「私が〜 私は〜」というありのままを歌うより、このようなフィクションで
且つ 聴き手が想像力をかき立てられる曲の方が好きですね。
どうもメッセージソング的なのは苦手です。 それでも小谷美紗子のような優れた歌い手も
いますから 聴かず嫌いは直したほうが良いとは思うのですが・・・・

阿久さんはこんな事も言っている。

大人びた曲を歌い、歌う方も聴く方も想像を養った方が 人間は成長する

この言葉を聞いて勇気づけられました。

上の「花とおじさん」については、声楽の経験のある島田洋子さんの歌 そしてこの詩の内容
にもかかわらず 洒落たジャズのアレンジ この異種の組み合わせが何ともいえない独特で
シュールなイメージを生み出している。 でもどこかジィ〜んとくるんですよね。

今の若者がこんな歌を聴いたらどう思うだろう。
”なんて暗い歌なんだろう” それとも”命のはかなさ 大切さを考えさせる”とでもなるだろうか。

この歌は伊東きよこさんがオリジナルらしく Youtubeでは伊東さんのバージョンが出ていました。
でもどちらかというと島田さんの方が良いかな〜 




追記・・・
「まちぶせ」は絶対に三木聖子だって! 絶対に!







| Jpーポップス MR | comments(0) | - | posted by enski
私的泣けるうた 22:38
評価:
小谷美紗子,佐藤準
MCAビクター
¥ 2,187
(1997-02-21)
コメント:すばらしい


 ZARDの坂井泉水さんが亡くなって三回忌になるそうで、つくづく時が経つのも早いと感じました。
が私自身は彼女の歌に感化されることもなかったので特別な感情を持つことはありませんでした。

今のJーポップス界では泣ける歌というのがはやりだそうです。
TVでも泣ける歌を題材にした番組があるそうで・・・・

えっ? 無くなった?。そうですか

最初この番組を知ったとき 泣けるほど良い歌があるからそれを紹介するという趣旨なのかと
思いましたが、実際には番組内にて皆で泣くという恐ろしい内容でした。

正直 気持ち悪いな〜と。

別に良い歌 音楽を聴き 感動して泣くという行為を否定するつもりはない すばらしいことです。
でもそれは各個人の裁量でしょう 関係者にお膳立てしてほしくないし、そんな下準備を
されても白けて泣けやしない。 こんな番組に出て見て泣けるなんてどんな神経をしているのか
私には理解できない。

じゃあ あんたはどんな曲で泣けるのかと問われるかもしれないので何か挙げてみましょう。

小谷美紗子なんかどうだろう。

ほとんどTVに出ないし、ビジュアル的にも地味なので、誰それ?と思われる方もいるかもしれ
ない。彼女の曲に関してはYou Tubeでアップされているので、デビューシングルの
「嘆きの雪」でも聴いていただきたい。

歌詞中で出てくる”同情混じりの優しさは ダイヤモンドも切り刻むナイフのよう”なんていう
殺しのフレーズはそうそうでるもんじゃない。
この人はこのような聴き手の胸に突き刺さる歌詞を書くのがとても得意だ。

ただし泣けるとは言っても実際に泣いたことはない。
泣けてくるほど胸に突き刺さってくるから とてつもなく悲しく切ない歌であることは確かだろう。
でもこの人の曲を聴いていると切なく悲しいにもかかわらずその実 彼女はものすごく心の強い
人ではないかと思うのだ。 
デビューアルバム「プロフィール」の”自分” 詩の内容にはとにかく驚きました。

自分よりバカな人を見て安心した
自分の罪を人に着せて楽をした
私の弱さを認められずに
最後の最後には世の中のせいにした

成功する人をねたみ 短所をさぐった
見つかったのはみにくいみじめな自分だった
誰もがそうだと結論づけて
最後の最後には世の中のせいにした

<中略>

悲しいNEWSを見て涙を流して
自分は優しいやつだと満足してる
悲しいNEWSの主人公たちを
たすけたいなんて気持ちはもう忘れてる
自分がすごいやつだと思わせるために
世界の問題について真剣に語る
そんな姿に酔っているだけで
語るのは簡単だ 言うだけなら私にも出来る

誰もがそうだと結論づけて
最後の最後には世の中のせいにした
もっと自分を見つめ直そう

           デビューアルバム ”プロフィール”から「自分」より

デビュー当時 まだ二十歳そこそこの小娘がこんなシリアスな詩を書くという事実に
驚かされたものだった。 個人的には時事的なことに対し、あれこれ考えるのは当然だと
思うし、最終的にそれが社会のせいなら 社会を構成する人間として 自分の責任でもある
と考えるのも当たり前だと思う。
この曲に関しては最後の”もっと自分を見つめ直そう”は余計のような気がする。
ない方がよりシリアス度が増すと思う。 曲タイトルが”自分”なんだから最後にだめ押しを
する意味などないと思うのだが・・・・

今のJポップの主流が親しみやすさ わかりやすさ そしてビジュアル的なものを重視している
点に異論はないでしょう。 その流れからは完全にはずれているわけで、当然彼女のような
ミュージシャンは知る人ぞ知るという存在になる。 
彼女のように 歌 歌詞 メロディがここまで一体になり聴き手に迫ってくる例はないでしょう
中には青臭いな〜なんて思う部分もあるけど でもその後にガツンやられるんですよね。笑

そんなわけで泣けるほど良い歌紹介しました。 ガツンとくるよ〜(゜◇゜)

 

| Jpーポップス MR | comments(0) | - | posted by enski
自己ベストとソノリテ 00:05
評価:
小田和正
BMG JAPAN
¥ 2,050
(2002-04-24)


現在の密かなマイブーム それはアマゾンの音楽カスタマーレビューを見ること 笑

その中で以前から大変な騒ぎになっているのが、小田和正「自己ベスト」のレビュー。
多くのファンが感想を書き込んでいるのだが、かなり いや圧倒的に酷評が多いようです。
その反面 3割の人が★五つの高評価でありました。

私は熱心な小田さんやオフコースファンでもありません。
ただ車で長旅をすると必ずオフコースの曲が聴きたくなり、そのためかベスト版をナビに
取り込んであります。

いつも聴くたびに良い曲を書く人だと感嘆しきり。
そんな私もこのマスタマーの評価が気になったので早速借りてきました。

小田さんってもう還暦だよね(・。・)
にもかかわらず還暦とは思えない艶のある若々しい歌声にびっくりしました。
「自己ベスト」はオフコース時代自分の書いた曲を現在の自分の視点からセルフカバーを
した曲が中心であります。
でそんなに酷い出来なのかな というのが正直な気持ちであります。
それだけなく 私 小田和正ファンになりそうだ そう感じました。

酷評する方は過去のオフコースの遺産を台無しにしているという意見が大半でありますが、
小田氏からすれば過去の遺産も現在の解釈でやるというのも大切なことだと考えている
と思います。 歳をとれば衰える面もありますから昔のようにいくとは限らないし、それを
知ったうえであえて昔の曲をやり直すというのもありだと思うんです。

酷評した方々はたぶん昔からのオフコースファンだと思いますが、凝り固まった考え方では
無理もないでしょう。
でも私のような小田初心者からすれば「自己ベスト」は大変な力作に感じました。

これを私の場合にあてはめ 逆だったたのが、山下達郎の「ソノリテ」。
実は私は長年の達郎ファンで、ソロアルバム2作目「スペイシー」発表時 FMラジオに出演
した事も鮮明に覚えているファンであります。
でその「ソノリテ」の出来には当初相当な失望感を抱きました。
あのグルーヴ感はすっかり消え失せ、歌謡曲路線に踏み込んだような「ソノリテ」には
本当にがっかりしました。 昔からのファンは私と同じような感想かもしれません。
それが証拠に「ソノリテ」のカスタマーレビュー 散々で、昔からのファンは酷評がほとんどです。
でも力作とする方も結構多いんですよね。
つまり小田さんの場合と同じで昔からのファンは評価が低く 最近のファンには好意的な
意見が多いように感じました もちろん例外はあるのでしょうが。

今回久しぶりに棚から「ソノリテ」を出し聴いてみて、これはこれで良いなと感じるようになりました。

小田さんと達郎氏に共通して言えるのは今自分自身がやりたい音楽をやろうとしている点。

達郎氏も言っていたが「他人にどんなことを言われても自分はやりたいことをやる」というのは
ミュージシャンの原点だと思う。
ファンの望んでいるからという点で それに沿ったものしか作らないミュージシャンはアーティスト
として失格だと思う。 これから考えれば二人のやっていることは正しいと言える。


その時点の作風に満足できないのなら 聴かなければいいのであって 
それは単純に言って趣味趣向の違いだけです。 
それを満足できないから昔の作風にせよと意味も何だか無茶苦茶な話だと思う。
昔からの作風にしか共感出来ないファンはとっとと捨てた方がいいと思います。
まず自分が今やってる音楽を支持してくれるファンを大切にするべきでしょう。。



それにしても小田さん達郎氏 二人とも30年以上第一線を突っ走っている これは本当に凄いことです。



追記・・・
カスタマーレビューで高評価をしている方々 
私よりかなり踏み込んだ意見を書いていて とても考えさせられ勉強になりました。

| Jpーポップス MR | comments(0) | - | posted by enski
達郎とアイズレーブラザーズ 07:35
ROCK’N FUNK TATSU
ROCK’N FUNK TATSU
山下達郎


山下達郎の曲は「フォー・ユー」を最後に激変しました。
「フォーユー」までは16ビートを基盤にしたタイトでポップなシティポップス(死語)が持ち味でした。
歌詞も吉田美奈子が担当した曲がほとんどで「フォーユー」もある意味 デビューからの集大成の
ような内容だと思います。 本人も言うように「フォーユー」が売れなかったら引退するつもりだった
というのも ひょっとすると本当かもしれませんね。

今回取り上げる「ロックンファンク・タツ」は、たしか「フォーユー」の後に発売された企画物だったと
思います。多少リミックスが施されてはいますが、デビューアルバムから「フォーユー」までの中から
アップテンポなナンバーだけを集めている。

1. ファンキー・フラッシン
2. サイレント・スクリーマー
3. ヘイ・リポーター!
4. ボンバー
5. ラヴ・トーキン(ハニー・イッツ・ユー)
6. ダンサー
7. ソリッド・スライダー
8. イエロー・キャブ
9. SPARKLE
10. ホット・ショット

このアルバムを聴くと達郎がいかに70年代のアイズレーブラザーズに熱を上げていたかが分かります。
タイトなドラムは当時のアイズレーにそっくり 当時のアイズレーはギタリストのアーニーがドラムも兼任し、
おかずを極力抑えたシンプルでタイトなドラムスタイルでした
。 たぶん70年代アイズレーサウンドの肝は
アーニーのドラムが握っていたのかしれません。その辺をかなり意識している達郎がサウンド面で似せて
くるのも当然でしょうね。
「ボンバー」や「ホット・ショット」「イエローキャブ」を聴いてると特にそう感じます。
そして リズムギター たぶんライン録りだとは思いますが、ソロのほうもアーニーをかなり意識している。
アイズレーがアーニーなら この70年代達郎サウンドの肝はやはり村上”ポンタ”秀一のドラムということになる。
確か「スペイシー」から「ムーン・グロウ」まではポンタさんがほとんどドラムを叩いていた。 
ポンタさん本人もこの頃が一番楽しかったと言っているし、今の達郎にはない躍動感を感じます。

追記・・・・・
今再度聞き直していますが、「ボンバー」 最高!! もろアイズレーです 爆




| Jpーポップス MR | comments(0) | - | posted by enski
夏の終わりに・・・稲村ジェーン 15:31
稲村ジェーン
稲村ジェーン
サザンオールスターズ アンド オールスターズ


サザンオールスターズも活動休止前のツアーを終え、当の本人たちも一区切り
ついた気分なのではないでしょうか。
今じゃほとんど聞くことがなくなったサザンのアルバムも久しぶりに聴こうかと気持ちに
なり、昔好きだった「稲村ジェーン」を車の中で聴いてみました。

このアルバムは桑田佳祐が監督をした稲村ジェーンのサントラになるわけですが、
従来のアルバムに比べ、何処かもの悲しいウエットな印象です。
夏真っ盛りの以前のアルバムと比べるとどこかしっとりした雰囲気があります。
ただアルバムを映画鑑賞しているカップルのやりとりに設定するのもなかなか
面白い設定ですし、曲自体は優れたものが多いような気がします。
「真夏の果実」もシングルとしても常に人気がある曲ですし、原ボーの歌う
「愛して愛して愛しちゃったのよ」も胸キュンでとてもよろし。
その反面映画の評判はどうも芳しくなく、これ以後は映画の分野には触れなく
なりましたね 桑田氏は。

実は残暑が残るこの季節になるといつも「稲村ジェーン」のアルバムを聴きたくなります。
ひょっとすると夏の終りをしっとりと演出してくれるこのアルバムは私の中ではNo.1かもしれない。

その他夏の終わりに聴きたくなるアルバム
ブレッド&バター 「水の記憶」
憂歌団 「Taste of UKADAN」  お気に召しましたらどうぞ。



| Jpーポップス MR | comments(0) | - | posted by enski
森山直太朗の新曲に群がるバカ 14:36
生きてることが辛いなら
生きてることが辛いなら
森山直太朗
JUGEMテーマ:音楽


「いっそ小さく死ねばいい」 森山直太朗新曲の本当の意味

森山直太朗の新曲『生きてることが辛いなら』歌詞に賛否

すでにご存じの方もいるかと思いますが、森山直太朗の新曲生きてることが辛いなら」についてです。

この曲の一部に 
「生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい 恋人と親は悲しむが 
             3日と経てば元通り…」という箇所があり、これが自殺行動を
煽るのではないか
とネットで問題になっているというのですが。

歌詞内容

なんでこの程度の歌詞が問題になるのだろう。 
歌詞内容を読めば、絶望のどん底からはい上がるポジティヴ思考の歌だということは
一目瞭然で、この歌詞のいったいどこが問題なのかがわかりません。
ネガティヴ思考からそれをポジティヴな方向に転化させるのは歌の世界によくある手でしょう。
問題の箇所 これはいわば現代社会や自然の摂理のようなもので、結局人間いつかは
死ぬのなら 苦しい現世から逃れられる喜びを人生最後の日まで取っておけ。
つまり ”そこまで人生をまっとうせよ。そんなに早く死んでもつまんないぞ”という 彼なりのメッセージなんだよ。

このブログで何回か取り上げた筋肉少女帯も、”自殺”というのが専売特許(?)のようなもので、
森山君とは方法は全然違うが、指向しているものは同じだと思う。でも問題にすらならない。

もしこの森山君と同じ手法で椎名林檎が曲を作ったらどうなるか。 
絶対に問題になどならない。 彼女はある意味カリスマ的な存在だから何の問題にもならない。
むしろ ”さすが林檎ちゃん 過激な歌詞内容がGood!!” なんて逆に評価されるに決まってます 爆

では なぜ森山君のが騒がれているのか (いや 本当に騒がれているのかも疑問 )
これは成功者に対するねたみ嫉妬ですね。
彼は森山良子さんのご子息 批判派にすればそんな親の七光りにだっこのアーティストが
こんな良い(本当は評価しているのではないかということ)歌を歌うのが許せないというとこでしょう。
(詞は本人の作ではない)

まあ批判派は何を考えているのかよく分かりませんが、不謹慎だから詞の内容を改めよとでも
いうのだろうか。 そんなことしたらお隣の国と同じ民度になってしまう。
とにかく まったくアフォらしい騒動ですよ ったく。










| Jpーポップス MR | comments(3) | - | posted by enski
MR305 森高千里 「ジンジン・ジングルベル」 20:42
JUGEMテーマ:音楽




森高千里
ジンジン・ジングルベル

ジンジン・ジングルベル メリ〜クリスマス♪

夏日が多くなってきたのになぜかクリスマスソングです 今回は。

先日CDシングルの整理をしてましたらこのシングルが出てきました。
私はほとんどシングル盤を買ったことがありません。 なぜシングルを しかも
森高千里を買ったのかと言いますと すばらしく良いからですこのシングルが。

95年のリリースですから13年前ってことですね。 
ジャケットの彼女が素敵です・・・・・・・・・でも今は人の妻[:がく〜:]

1.ジンジン・ジングルベル
2.GIN GIN ジングルベル
3.一月一日
4.ジンジン・ジングルベル(カラオケバージョン)

私にとってはクリスマスソングの隠れた名盤なんですよね〜
まずアレンジが意表をついてます  当時一世を風靡していた渋谷系っぽいアレンジで
実に軽快な曲になっていまして、しかも全曲森高自身がドラムを叩いているというおまけ付き。
GIN GIN ジングルベルもCMミックスになっていまして、途中で入る” ジン ジン ジン”と
いう彼女の合いの手が実にかわいい。
さらにびっくりしたのが「一月一日」 これはなんとボサノバラウンジ的なアレンジで実に
しゃれています。 
リラックスして聴いてもよし、家族でワイワイ楽しんでもよし ウキウキ気分で聴きたい
シングル盤でありました。ハート大小
| Jpーポップス MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
MR 302 コーネリアス 「Sensuous」 07:36
Sensuous
Sensuous
Cornelius
JUGEMテーマ:音楽


今日は邦楽ポップスというかなんというか

コーネリアスSensuousです センサスと発音するのでしょうか。
感覚的に刺激する音楽らしいです。

1. Sensuous
2. Fit Song
3. Breezin’
4. Toner
5. Wataridori
6. Gum
7. Scum
8. Omstart
9. Beep it
10. Like a Rolling Stone
11. Music
12. Sleep Warm



続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
MR298 佐藤隆  「憧れは夢の中に」 10:43


佐藤隆/憧れは夢の中に

JUGEMテーマ:音楽


本年もあともう少しですね。 12月に入りますとクリスマス いやジョンレノンの
命日
が近づいてきます。

ということで今日はこの人 佐藤隆
この人は「桃色吐息」や「マイクラシック」でヒットを飛ばし、今は音楽監督などを
やっている人ですが、「マイクラシック」の前の作品です。おそらく81年頃かな。

Oh My Love
苦い朝
愛しのDreamingirl
コスモポリタン
Mr,Bluse
素足のゼルダ
Be My Woman
サンデーアフターヌーン
Be Trad
憧れは夢の中に
続きを読む >>
| Jpーポップス MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
| 1/6 | >>