遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ロック夜話 日本人の粋 22:49
評価:
人間椅子
徳間ジャパンコミュニケーションズ
¥ 3,510
(2009-01-21)
コメント:家宝 国宝級

  http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html


先週金曜日の夜 (20日分をクリック)↑BSフジのプライムニュースで”ロック魂は死なない”と
いうお題で特集を組んでいた。
夏はロックフェスが大流行 ところが最近はCD自体が売れないこともあり、ロックという
音楽が退化しているのでないかという事について今一度触れてみるという趣向のようです。
ちなみにゲストは立川直樹氏 鮎川誠氏

まあ個人的には過去のエントリーで今のJーポップがつまらんと何度も
書いてきました。 最近はXーJAPANやデーモン閣下のようなジャンルも
Jーポップの分野にひとくくりにされて とにかくどう扱ったらいいのかもわかりませんw
ロックがいろいろな価値観を変えたのも事実でありますが、ロックビジネスなっていった時点で
つまらなくなったというのもその通り 元々ロックは不良の音楽(?)であり ただそれが魅力の
すべてというのだけでもつまらない。
個人的な好みで申し訳ないが、海外のロックも今のJーポップ以上にヒドイと思う。 
これは商業主義がどうのこうのというより、音楽的な表現手法や要素がすべて出尽くして
しまったわけで、これはしょうがない。
だからロックがつまらん ロックが死んだというのは時代の必然というしかない。
逆に70年代が圧倒的に良かったかというとそうでもないw
昔のものを聴き直ししてみると、なんでこんなつまらんものを聴いていたんだろうかというのが、
たくさんある。 だから結論は”いいじゃないか ロックでなくたって”というのが私の考え。
身も蓋もない話ですがそう感じます。

で振り返ってみると日本人の一人のリスナーとして 別の盲点を感じている。
日本人のやる 日本人のための 日本語のロック(のようなもの)ってのを
全く考えてなかったという点。
どんなにストーンズが良かった ビートルズがすばらしいといって似たようなものを
やってもそれは外国のパクリやコピーと同じだと思う。 
その偉大な遺産をベースにいったいどうするの?
個人的には日本人のやるジョニィ・ビィ・グッドには何の興味もないので。
元来外国語のロックと日本語のロックは全くの別物のように思う。
詩の世界観を直感的に理解出来るかどうかというのは大切だ。

そこで自分のエントリーで何度も取り上げている人間椅子だ。(←またかw サービスよん)
基本的には70年代ブリティッシュロックをベースにいかに日本語 伝統芸能(?)を
取り入れるかという点に注視しそこにこだわるかで、もう誰にも出来ない世界を構築
している。 その点彼らがアイドルとしているブラックサバス キング・クリムゾン
レッド・ツェッペリンを既に越えたといっても良い。w
ロックも今やよい子の応援歌になってるし、その手が好きな方からすれば
人間椅子の世界観は奇々怪々に違いない。 
正義の点から謳っているのが大衆ロックだとすると人間椅子はその対局にある。 
人間なら誰にも潜む悪や邪念からの視点が実に面白い。
その既存の枠にとらわれないのが実にロックだと思う。
それとあの演奏力の凄さ いったいどうして3ピースであそこまで出来るんだ?
オリジナリティ 実力 全てがパーフェクト もっと評価されるべきだと思います。
それに比べると最近のバンドってまともに演奏すら出来ないじゃないか。
そんなバンドがどうして評論家どもに絶賛されるのか・・・・正直理解不能です。

とにかく日本独自のロックの可能性をとことんまで追求したのが人間椅子
日本人本来の”粋”をも表現していると思う。
彼らこそ日本の重要無形文化財 そして国宝です!!

| HR & HM MR | comments(0) | - | posted by enski
人間椅子メジャー化計画 21:31
評価:
イメージ・アルバム,人間椅子
ポニーキャニオン
¥ 2,305
(2008-09-17)
コメント:快感!!

 JUGEMテーマ:今聴いてる音楽教えてください!

以前 日本が誇るスリーピースメタルバンド 人間椅子にはまっていると書きましたが、
今回はもう少し掘り下げてみたい。

youTubeでも彼らのライブ映像を見ることが出来るから分かることなんだけど ベーシストの
曲のおどろおどろしさを強調するようなメイクがやたら気持ち悪い 特に初めて見た人には 笑
昨年再発されたアルバム「無限の住人」 当時のPVがあったので添えてみたのだが、これを
見て”こういうの苦手”と思った方は、はいここでサヨウナラ。

まあこの演出は当然なわけで、彼らが題材としている日本文学や推理小説 津軽民謡
そのほか 日本古来の大衆文化を主眼にしている点からすれば絶対に必要な部分でしょう。
案外昔から大衆文化の裏ってのは、不気味で残酷な一面があるのは当たり前で、そこにこだ
わって曲作りをやっているのがいい。 だからあのメイクも納得できる。
こんなこと誰もやりたがらないから そこにひたすら情熱を注ぎ、全くぶれない事がなんと
いっても凄い!!

サウンド的には70年代ハードロック プログレ ドゥ〜ミ〜でドロドロした重厚な曲
スラッシュやデス系 人を食ったような曲 とにかく曲のセンスが幅広い。

とにかく全く芸風を変えずに二十年続けるということがいかに凄いことか。
彼らこそ本物のロックだよ!

でもね もう少し欲を見せてもいいと思うのだが・・・・

確かに好きな人だけに聴いてもらえれば良いよという姿勢はわかる。 
私もそんなミュージシャンが好きだから応援はするんだが、彼らのホームページってお金が
かかってない(ゴメン!) 

私なら英語で音楽の内容を説明するような作りにするのだが・・・そう つまり海外のニーズに
答えるようにする。 

今日日 世界で日本の文化が脚光を浴びているようですからね そこに便乗しないと。
忍者とかハラキリとか 笑

せっかく日本人独自のオリジナリティのある音楽をやってるんだから なんでそこに答えるよう
にしないのかな^と 
別に売れ線にして音楽性を変える必要はないと思うが、売り方は開拓していった方が良い。

彼らの歴代アルバム そして再発された「無限の住人」を聴き直してキャッチコピーを考えてみた。
・サムライメタル
・演歌メタル (無限の住人にある”刀と鞘”は演歌だよ)
・浪曲メタル 
・津軽じょんがらメタル(ギタリスト 和嶋の華麗なテクから)
・チャンバラメタル
・時代劇メタル

とにかく外人にわかりやすいイメージを考えてみました。
これから考えると もう完全に現代ヘヴィメタルの方程式からはずれている。
これヘヴィメタルじゃあないよね。 人間椅子という独自のジャンルだと思う。

私もこの歳になって(彼らと同年代) ようやく時代劇をはじめ 日本の伝統的演芸の楽しみ方が
分かるようになってきた。
でも彼らは二十代の頃から一貫してそのおもしろさを追求してきたんですよね〜
なんてやつらだ (゜◇゜)

ということで 最後までお付き合いありがとうございます 最後まで読んでいただいたあなたは
人間椅子の虜になれる可能性ありです。 太鼓判!!

メジャー化計画のネタはまたやろうかと考えています。では


| HR & HM MR | comments(0) | - | posted by enski
MR 304 人間椅子 「真夏の夜の夢」 00:01


真夏の夜の夢
人間椅子
JUGEMテーマ:音楽


皆さんの中で 昨年暮れ TBSでやったイカ天復活祭を見た方はいるでしょうか。
90年代初頭のあの思い出を振り返り、登場したたくさんのミュージシャンを紹介する
という趣旨でした。

ゲストに出ていたのはビギン まあこれはいいでしょう。

でもね誰か忘れちゃいませんか。 人間椅子ですよ。
私のブログでも何度か登場しましたが、この番組じゃあまりに扱いが低かった。
なんと彼らの今を紹介するのに三宅氏はなんと言ったか

「彼らはアルバイトをしながら今でも活動を続けています」 ですと!

あんまりじゃありませんか。
デビュー以来コンスタントにアルバムを出し続けているのはこのバンドだけですよ。
ビギンも続けているとはいえ、ちょっとブランクがあります。 つまり生き残ったのは
この人間椅子だけです!! キッパリ
それをなんだい 本来なら人間椅子をゲストに呼び 大ヒット曲(?)「リンゴの泪」くらい
演奏させてもいいでしょうに ったく。 

不満たらたらでありますが本題にいきましょう。
彼らが昨年8月に出した「真夏の夜の夢」です。
某大御所女性歌手のヒットタイトルのようなアルバム名ですがこれがなかなか良い。
良いというか 基本的にデビュー当時と変わらないというべきでしょうか。
実はアマゾンのカスタマーレビューではさんざんに酷評してしまったんですが、聴き返して
みると、これはこれでなかなか良いことに気づきました。

続きを読む >>
| HR & HM MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
ヘビメッタ 失礼しま〜す 07:17

真夏の夜の夢
人間椅子

新人
新人
筋肉少女帯

Technical Ecstasy
Technical Ecstasy
Black Sabbath
JUGEMテーマ:音楽


お久しぶりです〜 嘉門達夫です〜 笑 (分かる人にはわかる)

またもやさぼってしまいましたが、いままで結構長文で書いてきましたが、
これからは気軽に書こうかなと・・・・・

そんなわけでヘビメタもんCDを3枚購入しました。
本来そんなに得意な分野ではありませんが、今回買ったミュージシャンは
なぜか好き 聞き込む時間がないので簡単な感想を書きます。

まず人間椅子の最新版 「真夏の夜の夢
やはり昔に比べれば重厚なドロドロ感は減少しているような・・・・

そして 筋肉少女帯 「新人
メビメタ路線全開 ただオーケンのボーカルが常にオンマイク気味で長く
聴いていると少々疲れる。

最後は家元 ブラックサバス 「テクニカル・エクスタシー
出来としてはオジーさん最後参加の「ネヴァー・セイ・ダイ」のほうが好きかな

聞き込んだらまた詳しく書きましょうね〜  では。

| HR & HM MR | comments(0) | - | posted by enski
MR286 人間椅子 「頽廃芸術展」 13:04
頽廃芸術展
人間椅子
頽廃芸術展

うひゃっひゃっひゃっ・・・・・・ 久しぶりの人間椅子登場じゃ〜
今回はインディーズに移って2作目 デビューしてからは6作目の「頽廃芸術展

不気味なジャケがあなたをおどろおどろしい世界に誘います・・・
1. 胎内巡り
2. 戦慄する木霊
3. 九相図のスキャット
4. 血塗られたひな祭り
5. 菊人形の呪い
6. 天体嗜好症
7. 村の外れでビッグバン
8. ED75
9. エキサイト
10. 阿片窟の男
11. 銀河鉄道777
12. ダンウィッチの怪
続きを読む >>
| HR & HM MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
MR233 人間椅子 「羅生門」 06:32
羅生門
人間椅子
羅生門
うっひっひっひっひっ・・・・   人間椅子第4弾じゃ〜

実は最近流行の動画投稿サイトyuotubeにも、彼らのライブ映像が多数
アップされていました。
イカ天の時にやった「陰獣」や、筋少とのジョイントライヴ(?)など珍しいものも
あり、面白かった。
派手な演出は一切無く、演奏のみに的を絞っている感じ。
たった3人であそこまでやるとは・・・ 凄い実力です。

そんなわけで今回は4枚目の「羅生門」   これが良い!!
私は初期モノではファースト「人間失格」に次ぐ出来だと思います。

続きを読む >>
| HR & HM MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
MR231 人間椅子 「黄金の夜明け」 20:31
黄金の夜明け
人間椅子
黄金の夜明け

お熱が冷めないうちに 人間椅子のサード「黄金の夜明け」を取りあげます。

1.黄金の夜明け
2.独裁者最後の夢
3.平成朝ぼらけ
4.わ,ガンでねべが
5.水没都市
6.幸福のねじ
7.マンドラゴラの花
8.素晴らしき日曜日
9.審判の日
10.無言電話
11.狂気山脈
続きを読む >>
| HR & HM MR | comments(0) | trackbacks(1) | posted by enski
MR229 人間椅子 「桜の森の満開の下」 07:22


桜の森の満開の下
人間椅子

桜の森の満開の下

以前 久しぶりに人間椅子を聴きまして、それ以来 ずっとはまっております。
ドロドロドロ〜おばけ

今日は彼らのセカンドアルバム「桜の森の満開の下
やはり二作目ともなると、幾分落ち着いた作りになるのでしょうか。
音は重心が軽くなり、おどろおどろしさも後退したような・・・・
その代わりボーカルは明瞭になり、詩の内容も分かり易くなっています。
続きを読む >>
| HR & HM MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
MR220 パット・トラバース・バンド 「 ライヴ! ゴー・フォー・ファット・ユー・ノウ」 21:33
Live! Go for What You Know
Pat Travers Band
Live! Go for What You Know

昔シンリジィが「ブラックローズ」をリリースした頃 初めて知ったハードロック系の
ミュージシャン パット・トラバースであります。

このライヴアルバムは多くのブログで取り上げられているところから かなりの
名盤なんでしょうか。 私もブリティッシュ系とアメリカンハードロックしか知らなか
った当時 彼がカナダ出身ということもあって興味津々でした。
当時愛読していた「ロッキンf」のニューアルバムレビューで 真っ先に取り上げ
られていたのが、このアルバム。でもパット・トラバースって誰?って感じでした。

1. Hooked on Music
2. Gettin' Betta
3. Go All Night
4. Boom, Boom Out Goes the Lights
5. Stevie
6. Makin' Magic
7. Heat in the Street
8. Makes No Difference
続きを読む >>
| HR & HM MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
MR 210 デイヴ・リー・ロス 「イート・エム・アンド・スマイル」 06:53
Eat 'Em and Smile
David Ree Roth
Eat 'Em and Smile

今日はアメリカンな一枚 でも一応HR & HMになるのかな。

元バン・ヘイレンのボーカリスト 
デイヴ・リー・ロスのファーストソロ「イート・エム・アンド・スマイル」であります。

このアルバムの印象も強烈でしたね。
続きを読む >>
| HR & HM MR | comments(6) | trackbacks(2) | posted by enski
| 1/4 | >>