遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
マイケル報道はオカルトエンターテイメントと同じ 12:08
評価:
マイケル・ジャクソン,クインシー・ジョーンズ,ロッド・テンパートン
SMJ
¥ 1,890
(2009-07-08)
コメント:偉大だった

 
先日山下達郎のFM番組で4週にわたりモータウン特集というのをやってました。
創設から現代までその足跡をたどる内容でしたが、やはりマイケルジャクソンについても
触れていた。 いや触れずにはいられなかったのだろう。

そのゴシップ記事的な報道姿勢にひどくご立腹なようで私もその通りとうなずいてしまった。
マイケルの報道については昔からスキャンダラスなものが多く、マイケル本人もメディアを
全く信用していないから取材・インタビューを一切拒否していた。だからなおさら謎めいた記事
内容になるのはやむを得ないが、その前にメディアはなぜ自らが拒否されるに至ったかを
よ〜く考えてみるべきだったと思う。

それでも海外の報道記事では少年時代から現在までどのような足跡をたどり、偉大な功績を
残したかとか その苦悩 ショービジネス的な内幕 そこまで踏み込んだ正当な評価がある
ようだとは言っていた 私は知らないが。
ただ元々はあちらだって取材拒否されていたわけだから昔からゴシップも甚だしいイカレた
記事ばかりだった。
それに比べて 日本のメディア もう最悪 情報が元々ないものだからあちらの真偽の
はっきりしない記事ばかりを鵜呑みにしてどうでもいいような報道ばかり。

これじゃオカルトエンターテイメントと同じだよ。
UFOが何処にでたとか UMAが発見されたとか 私も大好きだけど。
今回の報道 そしてオカルトエンターテイメントにも共通しているのは、見た聞いた人がどう
考えたかは視聴者の判断に委ねるという点だ。
でもマイケル報道に関しては 本人はすでに故人であるわけだから興味本位な真偽の
あやふやな報道はやはり良くないだろう。 真偽は視聴者の判断に任せますかのような
番組作りは犯罪だと思う。 唯一確かなのはどのアルバムを何万枚売ったかという数字
的な部分を挙げるしかない。 本当は社会的音楽的な背景はどうだったかというとこまで
踏み込んではじめて言えることで数字でしか表せない音楽報道なんてやめたほうが良い。
だから小倉某が知ったかぶりで追悼番組を仕切る資格などないとおもう。


さて名作 「オフ・ザ・ウォール
いまさら何を言うかの名盤ですが、後の「スリラー」とは違うような気がする。
個人的にはMTVやPVが音楽をつまらなくしたという考えなので、その点にギリギリ踏みとどまり、
なおかつ洗練度の高いこのアルバムが、やはり一番良い。
今夜もじっくり聴こうと思う。


| POPS MR | comments(0) | - | posted by enski
MR227 ホール&オーツ 「モダンポップ」」 15:54
X-Static
Hall&Oates
X-Static

今回はプロデューサーの存在がクローズアップされ始めた70年代後半の作品。
79年のホール&オーツの「モダン・ポップ(X-sttic)」であります。

プロデューサーは以前から一緒に仕事をしていたデビッド・フォスター
彼はTOTOやエアプレイ(だっけ?)の関係で有名ですが、AOR系のポップロック
を作る事に関しては定評がありますね。
続きを読む >>
| POPS MR | comments(4) | trackbacks(0) | posted by enski
MR 206 ホール&オーツ 「ワー・ベイビーズ」 06:03
War Babies
Hall&Oates
War Babies

すんません。 またもやトッド関連です。

その前に久しぶりで避難場所の更新をしました。
興味のある方はどうぞ http://enrock.blog4.fc2.com/blog-entry-234.html

で本題
以前 取り上げたホール&オーツ 「アトランティック・コレクション」でも触れた
アトランティック時代3作目「ワー・ベイビーズ」であります。
過去記事・「アトランティック・コレクションhttp://enski.jugem.jp/?eid=603

この作品もトッドラングレンがプロデュースしたものですが  知ってる人は知っている
知らない人は全く知らないアルバムです。
続きを読む >>
| POPS MR | comments(8) | trackbacks(1) | posted by enski
MR 195 ホール&オーツ 「サラ・スマイル」 21:10
Daryl Hall & John Oates
Daryl Hall & John Oates

前回のホール&オーツ「アトランティックコレクション」がすばらしく良かったので、
今回もホール&オーツのアルバムです。

75年にRCAに移籍しての第一弾 「サラ・スマイル(邦題ですけど)」

いや〜 良いんだな〜 これが。
74年に出したトッドラングレン プロデュースの「ワー・ベイビーズ」の出来に
懲りた(?)彼らが心機一転で発表したのがこれ。
1.Camellia
2.Sara Smile
3.Alone Too Long
4.Out Of Me, Out Of You
5.Nothing At All
6.Gino (The Manager)
7.It Doesn't Matter Anymore
8.Ennui On The Mountain
9.Grounds For Separation
10.Soldering


続きを読む >>
| POPS MR | comments(6) | trackbacks(2) | posted by enski
MR 194 ホール&オーツ 「アトランティック・コレクションベスト」 12:17
The Atlantic Collection
Hall&Oates
The Atlantic Collection

たまにはベストアルバムなんかもやってみましょうか。
ホール&オーツがRCAに移籍する前、アトランティック時代のベスト盤です。

私がホール&オーツをいいなと思ったのは、”キッス・オン・マイ・リスト”が入った
「Voiec」 もしくは「プライベート・アイズ」あたりからでしょうね。
月並みですいません 笑

1.Goodnight and Goodmorning
2.I'm Sorry
3.Fall in Philadelphia
4.Waterwheel
5.Lilly (Are You Happy)
6.Past Times Behind [#][Outtake]
7.When the Morning Comes
8.Had I Known You Better Then
9.Las Vegas Turnaround (The Stewardess Song)
10.She's Gone
11.I'm Just a Kid (Don't Make Me Feel Like a Man)
12.Abandoned Luncheonette
13.Lady Rain
14.Laughing Boy
15.It's Uncanny
16.I Want to Know You for a Long Time
17.Can't Stop the Music (He Played It Much Too Long)
18.Is It a Star
19.Beanie G. And the Rose Tattoo
20.You're Much Too Soon
21.70's Scenario


続きを読む >>
| POPS MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
MR 188 スティーリーダン 「キャント・バイ・ア・スリル」 13:13
Can't Buy A Thrill
Steely Dan
Can't Buy A Thrill

今回はスティーリーダン 

う〜ん ナイスな大人の雰囲気・・・・
彼らを聴いてると言っただけで”音楽通”に思われちゃう 笑
ほんとはたいしたことないんだけどね〜

でスティーリーダンってのは昔から変な噂があるんですよ。

ピターバラカン氏曰く
詩の内容がよくわからん 意味不明 いったい何を言いたいの?

チャー曰く
アレンジが変 意表を突くような曲展開 聴き手を鮮やかに裏切る
ようなアレンジセンスは一体どこから生まれてくるんだろう?


この際だからファーストをじっくり聴いてみますた。

1.Do It Again
2.Dirty Work
3.Kings
4.Midnight Cruiser
5.Only A Fool Would Say That
6.Reelin' In The Years
7.Fire In The Hole
8.Brooklyn (Owes The Charmer Under Me)
9.Change Of The Guard
10.Turn That Heartbeat Over Again
続きを読む >>
| POPS MR | comments(4) | trackbacks(3) | posted by enski
MR170  キャロルキング 「喜びにつつまれて」 17:12
喜びにつつまれて
Carole King
Warp Around Joy

以前 年末にCD中古盤を一気に50枚購入という記事を書きました。
今更ながら思い切ったことをやったな〜と反省(?)してます。

実はその中でキャロルキングの全盛期の作品を4枚も購入。
しかもどれもが500円で、新品同様のピッカピカでありました。
自分の持っていたのが、すり切れたノイズだらけのアナログ盤だったので
この購入劇は本当に嬉しいです。

今回はその中で「喜びにつつまれて」(原題・Wrap Around Joy)を取り上げます。
なぜかって? それは
ナイチンゲール」があるからです。

1.ナイチンゲール
2.チェンジ・イン・マインド・チェンジ・オブ・ハート
3.ジャズマン
4.アイル・ゴー・マイン
5.ユア・サムシング・ニュー
6.世界はひとつに
7.ラップ・アラウンド・ジョイ
8.ユー・ジェントル・ミー
9.マイ・ラヴィン・アイズ
10.スウィート・アドニス
11.ア・ナイト・ジス・サイド・オブ・ダイング
12.いつか良き日々が
続きを読む >>
| POPS MR | comments(4) | trackbacks(0) | posted by enski
MR 167 平原綾香  「ザ・ヴォイス」 17:08
The Voice
平原綾香
The Voice

わたくし近年は流行のポップス・ロックをほとんど聴いてませんので、顔と歌
名前が全く一致しない・・・・ こんなことは皆さんにもありませんか

普段からオリコンもTV・ラジオのチャート番組も見てないので動向が全く分からない。
まあ懐かし洋楽オタクは誰しもこんなもんかもしれませんね。笑

で今回はそんなオヤジの目線で最近のミュージシャンを取り上げてみます。
平原綾香 「ザ・ヴォイス」  これは二作目だそうです。

1.BLESSING 祝福 -Album Mix-
2.NIJI NO YOKAN NO YOKAN
3.虹の予感
4.夢の種
5.i
6.Smile
7.歌う風
8.心もよう
9.君といる時間の中で
10.私を呼んで
11.願い
12.Hello Again, JoJo
13.The Voice "Jupiter" English Version

続きを読む >>
| POPS MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
MR 164 カーペンターズ 「クリスマス・ポートレイト」 11:48
Christmas Portrait
Carpenters
Christmas Portrait

クリスマスということで家族団らん 楽しくお過ごしだと思います。
まあ クリスマスアルバムというのは世の中に星の数ほどあるわけで
その中で個人的に最高だと思うのが
    カーペンターズ 「クリスマス・ポートレイト」(スペシャル・エディション)

家族で過ごすのにこれほどアットホームでにぎやかな作品もないでしょう。
オリジナル曲だけでなく すべての曲が、カレンの歌のマジックにかかると、
まるで夢の童話絵巻のようになってしまう。
本当にカレンカーペンターという人は、凄い歌い手だったんだな〜とつくづく感じますね。

1.It Came Upon a Midnight Clear
2.Overture: Happy Holiday/The First Noel/March of the Toys/Little Jesus/I
3.Old-Fashioned Christmas
4.Christmas Waltz
5.Sleigh Ride
6.It's Christmas Time
7.Have Yourself a Merry Little Christmas
8.Santa Claus Is Coming to Town
9.Christmas Song
10.Carol of the Bells
11.Merry Christmas Darling
12.Christ Is Born
13.O Holy Night
14.(There's No Place Like) Home for the Holidays
15.Medley: Here Comes Santa Claus/Frosty the Snowman/Rudolph the Red-Nosed
16.Winter Wonderland/Silver Bells/White Christmas
17.Ave Maria
18.Selections from "Nutcracker": Oveerture Miniature/Dance of the Sugar Pl
19.Little Altar Boy
20.I'll Be Home for Christmas
21.Silent Night
続きを読む >>
| POPS MR | comments(0) | trackbacks(3) | posted by enski
MR 161 キャロルキング 「カーネギーホール・コンサート1971」 22:28
The Carnegie Hall Concert 1971
Carole King
The Carnegie Hall Concert 1971

長年洋楽を聴いていますと 大御所ミュージシャンの歴史的名演が、突如日の
目を見て、リリースなんてことがよくありますね。

96年に発売された キャロルキング 「カーネギーホール・コンサート1971」
そんなアルバムでした。
続きを読む >>
| POPS MR | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
| 1/2 | >>