遠州滑走人の時事禄いままでは音楽の内容が主でしたが これからは世の中の出来事について書いていこうと思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
スキーが好きだ〜〜〜!! 11:41
私をスキーに連れてっ…けない? シュプール号廃止
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/other/26146/

久しぶりにスキーの話題・・・・・・・・でも悲しいポロリ
あのパウダーで有名な新潟・妙高のARAIが、なんと経営難で解散(廃業)なんだ
そうです。   http://www.araimt.com/
毎年雪不足が叫ばれる中 昨年は豪雪だった。 普通なら集客率アップにつながる
のだが、なんとあまりの豪雪のため交通に支障が起き、客が激減したとか。
皮肉なものです。

確かに昔のスキーブームに比べ、現代はそれ以外に楽しめるレジャーはたくさん
あります。 でもね〜 自然と交わる楽しさや厳しさがもっとも味わえるのがスキーや
スノーボードなんですよ。 そこのところをもっとたくさんの人に分かってほしい。
いちスキーヤーとしては切に思います。

追記
先月20日に我が静岡・御殿場にある「イエティ」がオープンしました。
(同じ日に私はヤブ蚊の攻撃に参っていましたが)
その模様がTVニュースで流れていまして、なんと70代の男性がインタビューに
答えていました。 「毎年 このオープン時に来ます。待ちこがれていますよ」
70代で毎年スキー!! なんてすばらしいんでしょう。!
私も60、70代体が続くまでスキーをやります!! 宣言します!ぴかぴか
| SKI | comments(0) | trackbacks(1) | posted by enski
今シーズンの滑り納め (チャオ御岳に行ってきた) 21:05
さて 先日25日に今シーズン最後のスキー(のつもり)に行ってきました。

毎度おなじみ チャオ御岳スキー場であります。

この日はアクセス道路にも雪は全くなく、到着時(7時半)の温度も −5度
くらいで絶好の晴天でした。

下は8時頃のゲレンデ

いや〜 晴天の下で滑るスキーがこんなに楽しかったとは・・・
今シーズンはいつ行っても 濃霧 吹雪 アイスバーン 極寒というありさまで
それに比べれば夢のようでした。
雪質は最初軽度のアイスバーンでしたが、9時頃にはちょうど良くこなれてきまして
十分なコンディション。 これが標高の低いスキー場なら10時頃にはグチャグチャの
ザラメになってしまうでしょう。
午後3時に上がるまで ずっとこの雪質でしたから十分なコンディションと言っていい
でしょうね。

今回はビックリしたことがありました。   なんと接触されたのです。 
しかもそれが懐かしいモノスキーを履いたスキーヤーでありました。

モノスキーとは・・・
一本の板に両足を直線に並べて固定する板。 どちらかというとスノーボー
ドのアルペン系の板に近い滑り方になるようです。
両ブーツを平行に固定するタイプもありましたね。 7.8年前にマニアックな
人に人気がありました。

でこのスキーヤー 接触する瞬間 ”あっ ごめんなさ〜い”と言い残し、猛スピードで
居なくなりました。 ゴラァ〜\(◎o◎)/!
まあ転倒もなく事なきを得ましたが・・・ 

それにしてもあのスキーヤー上手かったな〜

さて下の写真はゴンドラ降り場から見た乗鞍岳であります

ガイドによると乗鞍岳は3000mもあるんですね。 チャオの最高地は2100m
ですから標高差約1000m・・・・大自然の凄さを感じます。
乗鞍岳は現在マイカーの乗り入れが全面禁止になっていまして 最高地点から
岐阜県・平湯側へでる時の高度感のある大パノラマは、マイカーで体験出来なく
なりました。 もちろん観光バスでは体験出来ますので、興味のある方は行か
れてはどうでしょうか。

次回は今シーズンの総括でもしようかな・・・以上です。スキー
| SKI | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
スキーレポ 白馬2日目 07:04
白馬スキー旅行2日目(23日)のレポです。

最初は再度八方尾根の名木山へ行きました。 
初日があれだけの快晴だったのに、この日はとんでもない濃霧
10メートル先も見えやしない。  
この日は全国的に崩れがちの天気だったため、やむ終えないとは思いますが、
それにしてもひどい。 かろうじて山麓のベースゲレンデだけは視界が効くという
状態です。
そんなわけで写真は一枚もありません。

気温も高めで9時頃にはグズグズのザラメ状態。 あまりの濃霧のため危険極まりない。
リーゼンスラロームにひしめく中上級者 スピードは抑えめにし、常に周りに気を
配っていないと衝突の危険があります。 怖いな〜

10時には簡単な食事をとり、今度は岩岳スキー場へ移動。
ここの穴場ゲレンデは、山麓にあるかもしかコースから正面ゲレンデに続く短いけど
連続した中急斜面でしょうね。 でも大会に使われているときが多いようです。
この日も大会のため こめつか〜正面ゲレンデ左端は滑れずじまい。
上部に行きますとやはり深い霧で、しょうがなく裏側にあるリゾートゲレンデで
ちまちまと滑っていました。 
そうこうしてるうちに気温が下がってきた。 斜面が凍り始めてきたのです・・・・
これほど滑走コンディションがめまぐるしく変化するのも珍しいでしょう。

そこで 今度は栂池高原スキー場へ移動。
いや〜 ここもひどい濃霧。 ハンノキゲレンデはせいぜい視界が効いたとしても
5メートル前後でしょう。 しかも寒くアイスバーン気味でありました。
しょうがないので丸山ゲレンデで滑ってますと、ハンノキで懲りたスキーヤーが
みんなここへ流れてきます。 混み合ってきたので久しぶりに鐘の鳴る丘ゲレン
にいこうということになりましたが、 意外にここは斜度があるんですね。
親の原ゲレンデのような、直滑降でもスピードの出ない緩斜面を想像していたん
ですが、それなりにスピードは出せるので基礎練習をすることも可能であります。
スキーをやり始めた頃にしか滑ってないので 案外楽しめる斜度というのは
意外でした。結晶 

この後は最後までここを滑ってまして4時半に上がりました。 3日目に続く
 
| SKI | comments(2) | trackbacks(1) | posted by enski
遅れましたが スキーレポ 白馬編初日(22日) 23:12
先日の白馬スキー旅行はいろいろな初体験がありました。
遅れましたがレポートなんぞを書いてみます。 

まずは一日目(22日)であります
今回は初めての試み 白馬岩岳 栂池 八方尾根の3スキー場が発行している
3山共通アルペンリゾート券というのを購入してみました。
2日間で使えるものを選択して22、23日を3山で滑る事にしました。

初日 まずは岩岳スキー場 ここは昔からトレーニングにちょうどよく、頻繁に
滑りにきました。 まずはゴンドラで山頂を目指します。

白馬岩岳スキー場HP http://web.hakuba.ne.jp/iwatake/snow/ 



いや〜 それにしても快晴です。 
ご覧ください上の山頂ゲレンデから見る八方の北尾根コースを!!
しっ しか〜し!
何とこの日は山全体がアイスバーン状態 どこを滑ってもガリガリであります。
困るんですよね このようなコンディションは。
まあ天気がいいので溶け出すのには時間はかかりませんが。



ここでよく滑ったのがかもしか第四ペア沿いのトレーニングバーンと、
岩岳沢コース(上の写真)。 かもしかペア沿いは学生スキークラブの連中が
多く、いつも活気があります。 岩岳沢はゴンドラの下を滑るが横には日影の
急斜面もあり、ここだけ滑っても意外と飽きません。
そうこうしているうちにコースの状態がグチャグチャのザラメ状態になってきました。
特に下のゲレンデはひどい。 初心者ボーダーがコロコロと転がっていてよけるのに
一苦労。 やはりこのザラメ状態はスキーヤーに限らずボーダーにも辛いんだろうな〜
でもコース真ん中で寝てちゃダメよ。



11時近くに食事を済ませた後、今度は八方尾根にいこうじゃないかという事に
なり、いざ名木山ゲレンデへ直行!!

八方尾根スキー場HP http://www.hakuba-happo.or.jp/

ここで正直言いますと 私 八方尾根に行ったことがありませんでした。
10年以上もスキーやってるのに、あの帝国八方にいった事がないなんで信じら
れないと言われる方もいるかと思いますが、スキーを始めた頃 ここの有料駐車
場のオヤジさんと少々揉め事を起こしまして それがトラウマ(?)かどうかはしり
ませんが、一度も行くことなく今日まできたわけです。

で初めての八方 はっきり言って おっ  おっ 面白い!!
名木山からリフトを乗り継ぎ レストランうさぎ平109に到着
うさぎ平ゲレンデが目の前に・・・・ 壮観ですね〜  上の写真

そしてレストランから眼下を見下ろしたリーゼンスラロームが下の写真
すんげ〜 ダイナミック!! 
20〜30度の中急斜度が続く圧倒的な大迫力!! 美味しそうです!!
しかしこの日は午後1時頃にはグチャグチャのザラメ状態。 もう重いのなんのって
そんなわけで難儀しましたわ。
この日は八方で3時近くまで滑りまして、もう疲労困憊でありました。
早い時間ではありましたが、明日に備えようという事になりこの日は上がり。



まとめ・・・
初めての八方は驚くことばかり 名木山〜リーゼンしか体験できませんでしたが、
やはり中級以上には最高のスキー場でしょう。 
でも名木山の初級者コースはあまりにも斜度がありすぎはしないか・・・
おそらく八方には初級スキーヤーが楽しめるコースは無いのではないかと思う。
ダイナミックな景観 連続し、うねるような中急斜面 これが八方尾根の魅力で
ありますから大した問題ではないのかもしれません。
もっと早くに行くべきだった・・・・・? 結晶

おまけ リーゼンからみるHakuba47スキー場  

| SKI | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
自然の力にはお手上げです 10:38
1500人取り残される ガーラ湯沢でゴンドラ停止
http://www.sankei.co.jp/news/060226/sha002.htm
ゴンドラ停止ですか・・  確かに怖いですよ。
私も何度か経験しましていますが、生きた心地はしません。
今日は全国的に荒れ模様の天気でして、チャオ御岳では全面営業停止になって
おります。 自然の力の前ではなすすべもありません。

過去 私が経験した恐ろしい体験は乗鞍温泉高原スキー場のブリザードでした。
ゲレンデ上のスキーヤーはすべてなぎ倒され、コース外に転落する人もいたほど
です。 避難してくださいのアナウンスの後 レストランに全員待避しました。
皆さんもお気をつけください。強風
| SKI | comments(2) | trackbacks(0) | posted by enski
皆賢 大健闘!!!! 10:04
皆川は4位、湯浅7位 アルペンスキー男子回転
http://www.sankei.co.jp/news/060226/spo004.htm
よくやった皆川賢太郎 幾度のけがを克服し、4位入賞。
メダルまであと一歩だったけど価値ある成績だと思う。
7位につけた湯浅直樹もりっぱである。
これは日本アルペン競技史上の快挙だと思いますよ 正直に言って。

ところで皆賢って人はなかなかのナイスガイでありますが、どこかあの芸人
 なすびに似ていると思うんだけど・・・・
あっ これは微妙にですけどね あまり本気にとらないように。
つまりなすびもナイスガイってことか・・?スキー
| SKI | comments(0) | trackbacks(2) | posted by enski
世界には勝てません 23:57
男子スーパー大回転、オーモットが連覇
http://www.yomiuri.co.jp/torino/news/20060218ie32.htm
オーモットもマイヤーも大けがをしたのによくぞここまで復活したものだ。 偉い!

トリノ五輪:日本の成績不振、見込み違いの原因は…?
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/news/20060221k0000m050102000c.html
ずばりリンク先に書いてある通り。
企業スポーツのみに頼っている限り、有能な選手は育たない。 なおかつ不況のため
企業がスポーツ部門から撤退し、さらに泥沼に落ち込むのもある意味当たり前だと思う。
マスコミの騒ぎすぎというのもうなずけるけど、問題はこの選手が育たない環境にある
んじゃないか。

スノーボードにアルペン系があるのはご存じか
スノーボードといえばフリースタイルばかりが注目されるが、アルペン系だってあるんだよな〜
日本ではフリースタイルしか注目されない。第一アルペン系をやるボーダーがいないのだ。
ゲレンデにもソフトブーツを履いたボーダーは多いが、ハードブーツを履くボーダーは
近年ほとんど見たことが無い。 元々ファッション性で流行ったスノーボードはソフトブーツを
履くフリースタイル系ばかりが注目され、アルペン系は完全に無視。
スピード系のボーダー競技層なんて育たないのだよ。 フリースタイルだって世界には勝てない。
元々フリースタイル系がビジネスとして成立してる国にはかなわないからね。
浮かれすぎだよ ほんと。

国内プッツン「ニッポンブ・ブ・BOO〜〜!!」
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_02/t2006022146.html
だそうです 
| SKI | comments(2) | trackbacks(2) | posted by enski
スキーツアー 三日間のまとめ 11:30
今回のスキーツアーのまとめであります。

・極寒 途方もない積雪量
今回のツアーは本当に寒かった。 例年ならアンダーウェア2枚とスキー用
ジャケット合計3枚で十分耐えられる寒さでありました。
しかし今年は違う。 標高の低いゲレンデでも鼻水が凍ってしまうほどの寒さで
ネッグウォーマーで首元の冷気を遮断しないと辛い。
ウェアもダウンジャケットを着て、その上にマウンテンパーカーを着ないと耐えら
れません。 当然マウンテンジャケットは中綿のないやつです。
そんなわけで上半身はモコモコ状態で滑っていました。
この寒さは今後も続くようですから、スキーに行かれる方は完全なる防寒対策を
したほうがいいと思います。
積雪の量も異常ですね。 まあゲレンデは良いとしても問題は町中や山麓ですよ。
あまりの多さにいったいどこに居るのかが分からなくなるほどでして 車走行でも
安全確認が非常にしにくい。 雪国のお住まいの方は本当に大変だと思います。結晶

・レガシィ 偉大なり!!
今回の旅行は私のB4で行きましたが、3人+用具一式 事実上フル乗車。
それでも吹雪の降りしきる中 実に安定した走行性能でありました。
深雪でラッセル状態にもかかわらず それをものともせず突き進む走破性。
たいしたものです。 おそらくスタッドレスとのマッチングも良く、エンブレとの
併用もあり安定した走行が可能であったのだと思います。
いや〜 雪道走行は本当に楽しいと感じてしまうほどの安定感 さすがスバル!結晶

・スキー人口減少に歯止めはかかったのか?
今回は木島平 野沢が平日ということでどのくらいの客がいるのか気になりま
した。 2〜3年目に比べると徐々にですが活気が戻ってきているように感じます。
特に年配のスキーヤーが多いようです。 野沢のゴンドラ内で一緒になった年配
グループの方に話を聞きましたが、自然環境や温泉施設の整っている老舗スキー
場は徐々に客を取り戻しつつあるそうです。 これはいいことかもしれません。
ひょっとしたら15年くらい前のあの大ブームにスキーを体験し、その後やめて
しまった30〜40世代もゲレンデに戻ってくる可能性があるかもしれません。
ぜひそうなってほしいものです。結晶

おまけ・・・
極寒時 スキーウェアのインナーにダウンジャケットを着るならこんなのはどう?
http://www.goldwin.co.jp/hellyhansen/products/cruising/hh15610.html
ヘンリーハンセンの新素材ウェア 実物は信じられないほど薄く軽い。
インナーとして着てもモコモコになりませんから最適。 
でもそれなりの値段・・・・
| SKI | comments(0) | trackbacks(1) | posted by enski
スキーレポ 最終日は黒姫高原じゃ〜 18:22
スキー旅行 最終日(28日)は黒姫高原スノーパークであります。
この日も天気は冴えませんでした。 薄曇りで小雪がちらつくかんじ。
予報では午後から晴れ間が出てくるというものでしたが・・・

黒姫高原スノーパーク HP 
http://www.kurohime-kogen.co.jp/ski/index.shtml

ここは緩斜面が多く、家族連れが多いという話ですが、最初はなぜか
成人レーサー風のスキーヤーが多かった。 そのほとんどが第一
クワッド沿いの”しなの木コース”をロングターンで飛ばしておりました。
何故かと言いますと大会が開催されたためですね これは。
そのため大会コースである上部の中急斜面しらかばコースは、午前中は
滑走が限られていました。 まあこれはしょうがない。

下の写真はしなの木コーススタート地点


このしなの木コースはやはり一番人気で常に混んでいましたね。
穴場はずばりフラワーコース。 ここは未圧雪でパウダーが存分に
楽しめました。 変化のある中緩斜面で常に空いていましたから。

その他はやはり超緩斜面が多いようです。 ゲレンデではたくさんの
スクールをやっており、黄色い歓声が響いていました。
まさに”初心者天国”と言って良いでしょう。 
若い頃を思い出しました。 自分にもこんな時期があったな〜と 笑
で その超緩斜面・前山ファンタジーコース 下の写真

午前中はほとんどこんな感じ 寒そ〜

さてこのスキー場の眺望はと言いますと、目前に野尻湖と上信越自動車道を
拝むことができます。 
下の写真はコスモスコース中間部から見たベース方面
野尻湖 上信越高速 右が前山ファミリーコース (わかりにくいな〜)


総括・・・・
初心者天国!! 当たり前か。 とにかくフラットで癖のない超緩斜面が多い。
ファミリー向けのサービスも豊富にあるようですし、これなら初心者も安心でしょう。
あと意外に深雪を残しているゲレンデが多いようです。 コスモスコースの上部
とかフラワーコース レルヒコースもそうです。
とにかくパウダー好きならおもう存分楽しめると思いますよ。

以上 黒姫スノーパークレポ終了結晶
| SKI | comments(0) | trackbacks(3) | posted by enski
スキーレポ 2日目 野沢温泉編 11:44
スキーレポートの2日目(27日)は野沢温泉スキー場であります。

いや〜 2日目は凄かった 一日中小雪 吹雪 運が良ければ曇りという天気。
この日の野沢村も凄い積雪でありました。 山麓には3メートル近い積雪があり、
夏場に見るような温泉街の街並みは全く見ることができません。
でもコブフリーク 温泉好きなら一度は行っておきたい所ですよね。

野沢温泉スキー場 HP
http://www.nozawaski.com/

でこの日最初に行ったゲレンデは上部にある上の平ゲレンデ。
そしてパラダイスコースへ流れる場所で足慣らし。
すぐに飽きたので最上部 やまびこゲレンデへGO!

実はここがなかなかの難所で、晴れていればたいしたことは無いのですが、
この日はあいにくの深い霧 コースも一部30度以上のところがあり、一言で
言えば奈落の底に吸い込まれて行くような感じでした。
コース幅もそれほど無く コース外には立木がむきだし。
このような時 無理は禁物 安全スピードで滑りましたね。
同様に噂のスカイラインコースも深い霧でありました。
知り合いによれば中急斜面が連続し、狭いところがあるため、シュート
ターンで確実なスピードコントロールが出来ないと難しいという話です。
なにしろこれが5Kmも続くとなるとたいへんですよ。
ガイドには中級となっていましたが事実上の上級コースでしょうね。 
この日は深い霧のため 残念ながら滑走は断念。

この日一番楽しめたのが やはり日陰ゲレンデ
リフトが2本可動しておりまして、短いながらもゲレンデに起伏があり、けっこう
飽きません。短いながらもコブ斜面  幅は結構ありますので起伏のある地形を
利用して滑ればなかなか楽しい場所ですね。
午後はここをずっと滑っていました。  それが下の2枚の写真





心残りはシュナイダー 水無ゲレンデを滑らなかったこと 特にシュナイダーは
名物コースなだけにちょっと残念でしたね。 でもあの天気じゃ難儀しただろうな〜

で食堂を物色しておりましたら 下の写真


地元フリースタイル選手 上野 修 トリノ代表に!! 応援しましょ

総括・・・
今回は最悪の天気でありまして 本来上部ゲレンデからの眺望の良さも
見られませんでした。 まあ自然環境の良さは折り紙付きですので また
いつか晴れた日に来ようと思います。
それ以外に気づいたのは、連続した中斜面がないこと。 これは栂池・ハン
の木コースのようなロングターンでクルージングできるコースが無いことです。これだけの規模ですから 一本くらいほしいですよね。
またスキー場山麓が温泉宿泊客に有利なように作られていること。
日帰り客は離れた駐車場に車を止め、リフトを乗り継がないとゴンドラ乗り場に
辿り着けません。 ひょっとしたら温泉街にも日帰り有料駐車場はあるのかも
しれませんが、宿泊客有利なことにかわりはないでしょう。

以上 野沢温泉スキー場レポはこんなとこです。結晶


| SKI | comments(0) | trackbacks(0) | posted by enski
| 1/6 | >>